FC2ブログ

銃声 ( THE VOICE OF THE GUNS )

K・J・アルフォード作曲の「銃声」、泣く子も黙って聴く程の名曲と私などは
思っているのだが最近は余り聴かれなく成ったかもしれない、実に惜しい
映画「 アラビアのロレンス 」に主題曲的扱いで流れていたのが懐かしい!

映画監督 デービット・リーン の作品ではもう一つ「 戦場に架ける橋 」でも
アルフォード の名曲「 ボギー大佐 」を同じような扱いで流していた、私的
には此れ等の映画でアルフォード作品の知名度が大きく広がった様に思える

実は私は此の「銃声」を聴きたくて、更には主役のピーター・オトゥールに
興味が有って映画を見に行ったのだが酷いボロ映画館で外の道路工事音が
モロに館内に響いて全く名曲「 銃声 」を堪能出来なかったのが強い思い出

ヴィヴィアン・ダン中佐 指揮 H・M・ロイヤル マリーンズ 演奏( 国内盤 )
RM1

映画の数年前私が高校生の頃に此のレコードが欲しくて溜まった金を持って
買いに行ったら廃盤ですと冷たくと感じる程にあっさりとレコード店の主に
告げられて酷くガッカリした思い出が未だに残っている程に好きだった盤!

しかし今聴くと演奏は申し分ないのだけれどレコード盤の質は国内盤の悪い
面がやはり目立つ、小型のオーディオ装置で小音量再生している分には余り
気に成らないけれど、大型装置での大音量再生時には不満が続出してしまう

ヴィヴィアン・ダン中佐 指揮 H・M・ロイヤル マリーンズ 演奏( 英国盤 )
RM2

結構前になるけれど通販で入手した英国盤の2枚組、此れを入手にした時は
涙が出る程嬉しかった・・・其の日は何度も何度も聴き続けた記憶がある!
忘れられない初恋の人と偶然再開しデートの約束が出来た様なものか・・・?

再発盤によく感じられる音、リマスターによる音の調整が巧く楽器の配置や
高低音のエネルギー感が現代の再生装置に良く合う様に出来ていて文句無し
大音量再生でも余り不満はなく今までは此れで十分満足していたのですが!

ヴィヴィアン・ダン中佐 指揮 H・M・ロイヤル マリーンズ 演奏( 英国盤 )
RM3

こいつを入手してしまった・・・!! 楽器の位置がリアルに解る
35名前後の楽団、此れ程まで本物の楽器らしい音で作られているレコード
には中々出会えないと思う、管楽器のハーモニーが特に美しく響く再生音だ
何だか自分がフルスコアーを前にして指揮台で棒を振ってるみたいに聴ける

中でもユーフォニアムは最高の出来だね、此の音を収録し音盤化する技術は
他のレーベルでは聴いた事が無い程に美しい・・・!!
ユーフォニアムと云えば昔、旭川の第ニ師団音楽隊に凄腕のユーフォニスト

が居た、顔から頭髪の薄くなった部分まで赤くしながら物凄い美音を演奏会
場に響かせていた・・・何時も此の演奏家の音を楽しみに演奏会場に出かけた
そして第二師団音楽隊と云えば昔、私の友人でミゾグチと云うトロンボーン
吹きが所属していたが、有る時札幌行きJRのデッキで再会した

店主、あれ~ミゾグチでないかい~!!
M氏、あ~っカキウチじゃないの
店主、久し振りだね、元気そうだな・・・で今何処にいるんだよ
M氏、じつわ此れから東京へ行くのさ・・・中央音楽隊に配属に成ったんだ
    若手で可能性の有る隊員を推薦してくれるって事かな
店主、えっえ~・・・凄いじゃないの、まあオマエさんは凄腕だったからな
    実にいいね~ がんばってくれよ・・・で其のケースは楽器か?
M氏、うん、そうだけど
店主、バックって書いて有るけどヴィンセント・バックのトロンボーンか!
M氏、うん、そうだよ
店主、もしかしてあのテナーバスか・・・良い楽器持ったな~凄いじゃないの
    へえ~そうか~・・・東京でも元気で頑張ってな~・・・

なんてJRデッキで話してから30年以上か、今何処で吹いているのかな~
てな事も思い出してしまった程、此のレコードは素晴らしい・・・!!!
そして其のレーベルが此れだ
RM4

EMT-930stに載る金色の外輪と内面のウグイス色が大変美しい
英国 HMVの盤・・・音楽製品とは此れを云うのだ・・・といえる逸品
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

砲声 alford by Dunn

出ました~。国内版のLPは知らなかったですが、2枚組みは渋谷で安売りを買いました。その元になっているalford 1枚は、銀座で買ったのかな~? Alford 1枚ものは、録音がいいと思っています。MCで昇圧トランス経由の増幅で聞くとビブラフォンのホヨホヨ~という残響がきれいに聞こえます。現在は、Alford(Dunn指揮)はCDが英国発売されているので、日本でも購入してきますね。Dunn指揮のCDが多く復刻されているので、ユーフォの美しさなども聞けます。
国内で発売されたAngel吹奏楽シリーズにあるサンドペーパーの再生は、LPよりもCDのほうが、異なったサンドペーパーのこする音の違いが判別できます・・LPのプレスが悪いのかな~?輸入盤だったら、聞き分けできるのかもしれないです。

Re: 砲声 alford by Dunn

いや~参りました・・・!
アルフォード&V・ダンには可也詳しいですね、特に英国盤CDは聴いて見たい、更にLP安売りとは羨ましい
おっしゃるとおり英国盤LPの1枚物は可也音が良いですね、各楽器の位置関係がはっきりと解ります
此れに比べると国内盤は楽器の位置関係が希薄で何やら団子状態に聴こえます、サンドペーパーの音色
ですか~・・・私も聴いてみます
プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード