マーラー交響曲とアルマ

現在マーラーのアルバムがCD&レコード合せると130枚以上に成って
いました、80年代CD登場をきっかけにマーラー作品に入れ込み現在に至りま
すが最近は少し沈静化した模様です。
オーディオ装置もマーラー作品の再生を対象に変化して来た感じです、最近
はオーディオ装置も落着いて聴ける様になりいろいろ考えて見ましたので以
下にマーラー作品についての仮説を書いてみます。

マーラーがアルマに惚れてやっと結婚と云うかたちで思いが実り幸せを実感
しかし 19歳 と云う年の差が彼に常に彼女を惹きつける魅力を持ち続けれる
事が出来るのかと云う不安が付きまとっていたと思います、彼女を失う悲し
みを考えるととても受容出来る事が出来ない!!・・・

マーラーはアルマと別れたクリムトの失意を良く理解していたと思います、
よく言われる死の恐怖と云うよりも私はアルマを失う悲しみの方が大きく
作曲する時には常に彼女を意識していた様に感じられる作品を理解する才能
が彼女には有る事は解っていたと思う

交響曲・No1
アルマとのデート・・旅行・・食事・・何時も楽しく何を見ても聴いても幸
せイッパイ !・・・田舎を訪ねても何処でも彼女と一緒だととても楽しい
時々彼女がいない事を思う不安がチラッと出てきます。
ワルター・コロンビアsoの盤が好きです
マーラー1

交響曲・No2
アルマ!・・聴いてくれ、私の才能を表現した渾身の作品だっ・・と言った
と思う? 多分・・・あのね~聴かせて頂いたけど私的にはちょっと大げさ
過ぎる様な感じがするのよ~もっと自然な表現が私は好きなの、と言ったか
どうかは解りませんが力の入った作品です、特に後半の力を圧縮した様な表
現は素晴らしいです。
バーンスタイン・ニューヨクPhの旧盤が魅力的ですね
Gマーラー

交響曲・No3
今度の作品をアルマはどお思う? 私はこんなに自然な表現も出来る事を知
らせた心算なんだがってな事を伝えたかは解りません・・・私は今度の曲は
気に入ったわっなんて多分言ったと思う、此の曲は本当に素晴らしい!!
特に後半楽章はたまりません。
シャイー・コンセルトヘボーoの盤が断然ブッチギリ
マラ3

交響曲・No4
アルマと一緒の環境が幸せイッパイ・・・自身の才能も社会に受け入れられ
充実した、そして安心してアルマを信じ自分の思いを甘く作品に盛り込んだ
曲、たまに陰りが出るがいつの間にか消えてしまう、私は此の曲を聴くと
時々ピンクフロイドの 対 と云うアルバムが思い浮かぶんですが。・・・
クーベリック・バイエルンsoの盤がとても合う
マラ4

交響曲・No5
起こる不幸な出来事にも私は十分耐えられ乗り越える事が出来る!!
アルマ心配しないでくれ、と言っているようだ。
バーンスタイン・ウイーンpoの盤に辿り着きます
マーラー2

交響曲・No6
曲の開始が何か訳の解らない苛立ちをぶちまけたように始まり、次第に落ち
着き安心した気持ちが甘く漂いアルマは自分の傍に居ると感じていると、突
然ハンマーに打たれた様に( 例のハンマー )・・・掲示を受ける
彼女が自分から離れて行く!!・・・穏やかではありません不安が消えない
テンシュテット・ロンドンpo盤を聴いていてハンマー部分で心臓が止まるか
と思いました

交響曲・No7
男は彼女に逃げられる場面では結構次から次と思いつくまま喋りますね、
あーでもね~こーでもね~・・・聴いてる女性はナ~ニ言ってんだか!
なんて冷めて聴いていて効果なし、それでも男は気を引く為に多くを語る、
だらだらと夢みたいな事を
クレンペラー・ニューフィルハーモニックo盤が結構グー!
マラ7

交響曲・No8
前回のNo7では効果なし、もっと巨大な思いを伝えないと駄目だ!
と全宇宙に匹敵する大きさでアルマに語り掛け、復帰を願ったんだけど?
ショルティー・シカゴso盤、最近出たブーレーズ・ウイーンPo盤は世評
が高いけど何か私的には今ひとつ、此の曲では有無を言わず説得して欲しい
マーラー3

大地の歌
何をしても、何を言っても、彼女は帰って来ない・・・どうにも出来ない思
いが 生は暗い、死もまた暗い、とアルチュー状態・・・解る気がする!
中年親父に19歳年下の美人妻が見切りを付けた・・・まあ良く有る話ですが
ショックは大きい、だいたいオスは希望が途絶えた時、生きる気持ちも途絶
えますね、メスは違います全てが生きる為に機能する感じ・・・
( メスで無いので本当の処は解ら無い、スイマセンです )
ワルター・ウイーンpo盤ですか、フェリアーとパツアーク共に声が明るく
て助かります暗いと・・・ま~いいか
G・M1

交響曲・No9
断ち切れない思い、何も通じない無力感、自分の力の及ばない事柄、全ての
思いが遠い・・・車窓から見る走り過ぎ去る外の悲しい出来事の様な距離感
何処まで思っても距離が縮まらない涙の出ない悲しさ、透明な悲しみって感
じですか。・・・
テンシュテット・ロンドンpoの盤、特に最終楽章は絶品と思ってます、是非
ハーモニーが綺麗なオーディオ装置で聞いてください、悲しみが倍化します!
G・M2

交響曲・No10 アダージョ
此の曲は未完の為アダージョ部分しか本人作では残って無いらしいです、曲
はアルマの事は心の奥に仕舞い込み平和な生活を送っていると突然
フラッシュバック( 突然の巨大な不協和音 )が起こり気持ちの平穏が保て
ない、多分この先は作曲出来なかったと思う。
シノーボリ・フィルハーモニアoの盤ですか、此の作品には無理に前後曲を
付けない方が好いと思う
マーラー4

こんな感じでたまに マーラー作品 を聴くとロマンチックと悲しみを同時に
味わえます 
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

アントン・ブルックナー

ブルックナーは良く聞きますが私の廻りの友人たちは皆
ブルックナー の話をすると露骨に嫌な顔をする・・兎に角嫌い!・・音が
煩くて苦手!・・同じ事の繰り返しが退屈!・・・どの曲も同じ!・・・

などなどで ブルックナー を誉める私の話は聞こうとはしないです、何故な
んだろう?・・素晴らしい音楽なのにどうしてこんなに拒絶するんだろう?
いろいろ考えたのですが私の場合良く聞きたく成る時は、永い目標に向かい

考えたり行動したりしている時に結構何かな~!とへこんだ時が多かった様
な気がします

あ~旨く行かないな~なんて時ブルックナーが同じフレーズを繰り返して
・・・大丈夫!!  と 行きつ戻りつの自分に語りかけてきます・・・
そうだな~ なんて思いながら聴いていると終楽章辺りには結構元気を取り

戻せる、音楽が自分に寄り添ってくれる、語りかけてくれる・・・こんなに
素晴らしい音楽はそう多く自分には無いです
定番のブルックナー開始!・・・此れでもうすっかり、自分の向く方向への

不安に音楽が同化し後は一緒に行きつ戻りつの時間をすごして終楽章に成る
頃には充実した気持で一杯です、ブルックナーを聴かない?
なんて勿体ない!!・・・

自分的に考えると、ブルックナーは余り聴かないと言う人はオーディオ装置
と聴く環境とが多く関っている気がします
特に急激な音量の変化、ppp から fff 全奏から独奏 ブルックナー

の再生は楽器の音色変化を旨く再生できるスピーカーだと心強いですね、
楽器の音色変化が旨く鳴らないと結構退屈な音楽に成り易いと思う
ff時の金管楽器とpp時の木管楽器の音色変化、これ等がスピーカーから旨

く流れると本当に素晴らしい又、再生音量も家族に理解されないと中々難し
い事ですが諸問題を押し切ってでも聞く価値が有る音楽だと思います、多分
暫くは冷遇されるでしょう!!

オーディオ装置と聴く音楽 の趣向が深く関って居ると言う事は、五味康祐氏
の本「オーディオ巡礼」その他でも書かれてましたが、本当にそう思います

ブル4

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

ホワイトアルバム

一般的と云うか大抵と云うかレコードで世に ホワイトアルバム
と云えばビートルズですよね、しかしですね昔のJAZZファンでレコード
に煩い人の間ではホワイトアルバムと云えばジョン・コルトレーンの
ヨーロッパ公演ライブ海賊盤を指すと思います、ホワイトアルバムと聞いて
コルトレーン海賊盤の話題に成る人はかなり煩いですかね。

此のレコード、60年代中頃に市場に出て来たと思いますが確か4種類の色違い
ジャケットで其の内の白がコルトレーンだったと思います
此のレコード、私の場合オーディオチェックの最終場面で出て来ます、装置
の最終確認と申しますか此れで良いか!と思う時に出番になります、此の盤と
フルトベングラー指揮 ウイーンフィルのシューマン交響曲No1のレコード
が良く聞く盤でしょうか・・・

コルトレーン海賊盤ですが聞くたびに感心するのは音が素直と感じられる事で
して、決して最近のCDの様な音はしません、此の録音はどうゆう方法で可能
にしたのか考えると楽しい!・・・
録音はオープンリールの可搬型か、駆動はバッテリーなのかゼンマイなのか、
マイクはどこに隠したのかとか、其れにしても余り音がふらつかないのには感

心させられます、其れと本当に申し訳なさそうな低いカッティングレベルです
が装置のボリュームをグ~と上げるとコルトレーンとドルフィーだけが前面に
出てソロを吹きまくります、ドラムもピアノもベースも皆後方に団子状態、し
かし良い演奏です!

コルトレーン&ドルフィーは完全に別世界です・・・いつ聞いても凄い情熱!!
今から50年前の音楽ですけど


J


テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

音楽家

少し前にテレビドラマでクラシック音楽家の番組が有ってテーマ曲が
ベートーベンの交響曲No7? だったと思うけど結構名曲が流れてとても
感心しました、先日いらした女性の二人連れ客がベートーベンの 交響曲

No7 を フルトベングラー指揮 のレコードで聞きたい!とリクエストです
いいですね~そうこなくっちゃ!・・・ドイツプレスのレコードをおかけし
ました

クラシックとJAZZの演奏家にはとてもドラマチックな人材が豊富ですか
ら、音楽業界とオーディオ業界が提携してテレビドラマ化し活性化を図って
ほしいです、キューブリックの「時計仕掛けのオレンジ」に出てくる主人公

のオーディオ装置とベートーベン交響曲No9には当時とても感動したし、
「地獄の黙示録」で村を攻撃するヘリからワルキューレを流すのに
アンペックス(だったと思う?)のオープンリールデッキを使っていたのを

見てオ~!!と唸ってしまいました。・・・私の店にはボーズのキャノンを
重低音用に使ってます、本気で鳴らすと家が壊れそうで怖いのでビビリなが
らの使用ですがテラーク盤とかは結構活躍します

此の機種の旧モデルが時計仕掛けのオレンジに出てた・・・と思う?

Tクリプター

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード