FC2ブログ

音のリアリティー

いや~すっかりはまってます
何?ってその・・チェリビダッケ指揮の ミュンヘンPo 演奏のブルックナー
毎日の様に聞いてます・・・

シューリヒト、バント、朝比奈、クレンペラー、ワルター、等聴いてました
ブルックナー って聴き馴染むと毎日聞きたくなるんですね、不思議と?
自分的には適度な音量と思っていたら、客は爆音に聞こえていたらしいので
多少音量を落としてもリアリティーの有る再生音目指して調整してみました

左右スピーカーの中央の音が薄いようで数センチずつ間隔を詰め取り合えず
決まりです、ハーモニーが充実してフルトベングラー指揮のベルリンPo盤な
んかもストレス無しに聴ける、其処でチェリのミュンヘンPo盤をチョイス
此の演奏は初め妙な節回しで余り好きではなかったです

いわいるチェリビダッケ節と云う奴、テンポも遅いし結構聴きながら寝てた
しかしですね、オーディオ装置が整備されハーモニーが充実すると、テンポ
も余り気にならず、魅力的な響きで今の私が想像するブルックナーの響きに

ピッタリ!!・・・評論家がよく実演がCDに入らないタイプと評しますが
そうなんでしょうか・・・
其の時のオーディオ装置にかなりの要素が有る気がします

オーディオ再生を視覚的に例えてみますと、MP3音源とか携帯プレーヤー
&ラジカセの再生する世界は、雑誌のヌードグラビア!で云うと白黒ですね
見聴きした情報がリアリティー有る様に脳が瞬時に補正する気がする

滑らかな曲線、ゆったりした凹凸、更なる・・・なんてね
最近ブログが色っぽくないとの意見がありますので、ちょっと意識してます
いいでしょう~ ヌードグラビアですよ

オーディオショップで購入した バラコン をセットして音を出すと、白黒が
カラーに成った位のリアリティーが出ます、未だ2次元平面ですから、脳は
補足がイッパイ・・・いわいる、あの部分~?この部分~?と大変かな

オーディオ装置の調整を進め、音が充実してくるとカラーグラビアが動きの
有る映像の様にリアリティーが出てきます、大抵は此れでグー!!

暫くは楽しめます、しかし凄い人は此処から3次元立体映像の如く立体音響
を作り出します・・・たまらんでしょ~!!

何せ3次元立体ですからね映像も音響も
現在のオーディオカフェ我風での再生音は2.5次元ぐらいかな、良く言って

チェ
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

再生音を味わう

味わう!!
いい言葉です、どんな味ですかね、先ずは食味ですか
最近はメディアでも食べて 甘い!! しか表現しない人が沢山います

表現しないのか出来ないのかは解かりませんが、甘い、辛い、酸っぱい、
塩っぱい、苦い、その他沢山の表現が有る、甘さ中心は稚拙な味覚かな
ゴーヤの苦さはグー!、鮨のさびはクー!何てね・・・

但し歯ざわりが良いとか、コリコリした食感とか、とろりと溶けるとか、
口内部の感触は味覚と言うより触感と思いますが如何ですか
匂いの味わい!、なんて官能的な響きでしょうか、大人の味わいですな

匂いは臭いとも言うので此れは大変ですから、ここらで次にします
観て味わう!
いわいる鑑賞すると言いますね、美術品、古物、その他多くの人間が製作し
た物、天然自然の物は人工物とは別の観賞する視点が必要と思いますがどう
でしょう?

触る味わい!
触感、なんて素晴らしい表現でしょう、芸術には絶対必要な官能が山盛り
此れは私が愚だ愚だ書くよりも此れを読んだ方の方が、味わっているとの
判断で此処で終わり

音を味わう!
此れが結構認知されてないのです、他の味わい対象物は実在しますが、音は
イメージを残せるかどうかでしょうか、過ぎ行く時間に瞬時の反応が必要な
時もあり、結構匂いの味わいと同類かもと思っています

音の種類と言いますか味覚と同じく、甘い、苦い、その他が感じれれば味わ
いは深くなり楽しみ倍増です
ワグナーの 甘い音、ショスタコービッチの えぐ味、シューマンの 苦味
まあその他沢山いろいろな味わいを堪能した~い!!ですか?

ワグナー

シューマン

ショスタコービッチ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

作るステレオサウンド

世に云うステレオとは何者?

現在は再生装置の総称に成った感がありますが、再生音の表現手段でしょう
再生装置の音源1箇所をモノーラル又はモノフォニックと呼び音源2箇所の
再生をステレオフォニックと呼んで区別していたと思う

モノーラル再生装置の時は電蓄と呼んでましたが、ある時からステレオ装置
と云う言い方に変化したと思います、テレビのコマーシャルからの影響かな
この頃は列車の音とか、ジェット機の音とか、動く音と高低さの有る音源が

流行りました、当時のコマーシャルでは片方からベースがブンブン、片方か
らラッパがピーパッパと、左右に高低さを付けた音で宣伝してたので庶民は
すっかり、右は低音、左は高音の再生と信じ、此れがステレオだ~と思い込
んだのです、まあオーケストラは比較的にコントラバスは右寄り

バイオリンは左寄り配置が多いのも影響してますかね
ステレオ再生は移動する音源とか前後の配置の距離感とかを音源1箇所から
音源2箇所の再生にする事で、より実在感の有る立体的な再生を目指したも

のと思いますが、再生装置と設置環境さらに愛好者の認知度が理想とは程
遠いまま普及した為右ブンブン左ピ-ヒャラ、更に左右別々に音が出たら
ステレオと云う定説が出来、大勢の人がそう思い込んだ様です

左右スピーカーの中央に歌手がいて、後ろと廻りに伴奏者がいる状況を感じ
られるのがステレオ再生の持ち味ですが、装置を置いて配線したら完了では
此れが再生出来ない・・・

要するに現在までのステレオ再生装置は相当の技量と知性を持って、設置及
び調整をしないとステレオフォニックな音場状況は再生出来ないみたいです
其処でオーディオ・マニア族が出現するのですが

マニアックに成り過ぎてオタク呼ばわりされ、家人からは疎まれ、不景気で
同胞は離散し、今後増殖は難しく、殆ど絶滅危惧種
あっ!! 誰も危惧してないか?

我風

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード