店主のステレオ・サウンド

今日も雨降りか~ !・・・・寒いの嫌だな~!
雨降りが多くなり、少なからず寒さに向かっている日々で、店主と同じよう
に寒がりの当店 「我風」 のオーディオ装置が盛んに不調を宣言してる様だ

昼の晴れ間には グレン・グールド のピアノで ベートーベン の交響曲5番
を弾いてるレコードを再生したのに余り機嫌よく鳴ってくれない
此の交響曲はB・ワルターやW・フルトヴェングラーと共にG・グールド
のピアノ版が大好きです

もしかしたらプレーヤーの軸受けの油が汚れてきたか、あ~此れ結構面倒く
さいんで、気持ちに余裕ある時にする限定作業なんだ、取り合えず針圧
チェック次にカートリッジの傾きチェック

良くアームを水平にする事と雑誌のセッティングマニアルに書いてるけど
アームが良しでもカートリッジが水平かは別物ですね
ヘッドシェルを取り付けると上に反っている事が大半、特に有名なSMEの
シェルはプレス加工のせいか結構反ってます

其れも音作りの一つなのかもしれないな~・・・と云う事でアームの上下で
聴感チェック、只今点検中のプレーヤーは 
リン社・LP-12、アーム・SME3010、
シェル・EMT社XSDの物、カートリッジ・シュアー社V-15Ⅲ
プレーヤー廻りは今日は大雑把に点検して、残りは気分爽快な晴れた日に
実行します、気分治しにJAZZでも聴こう!!

オーネット・コールマン&チャーリー・ヘイデンのアルバム
    「 ソープ・サッズ 」
O・コールマンを好きでない人結構います、私は大好きでして他のアルバム
クロイドンコンサート何かも良く聴きます

此のアルバムでベースの唸り具合を聴き、低音良し!!
O・コールマンのサックスで音色を聴き、低音中音の繋がり良し!!
てな事で何とかオーディオ装置の機嫌が少し回復

今日のオーディオ装置最終確認盤  此の一枚!!
テラークレコード
F・フェネル 指揮  イーストマン吹奏楽団 演奏  
グスタフ・ホルスト作曲 組曲 No1と組曲 No2他

( 此のバスドラムは本当にとんでもない音が記録されてまして、
店が揺れるんですね!! )
 
あっ!!! 店がボロイ~? てか 

オーネット

FA
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

鱒釣りと交響曲

秋に成ると想い出します!
紅葉真っ只中の山間で湖に早朝よりボートをだし鱒釣りをした事
夜に釣り場に着き仲間達との語らい、酒会、釣り談義&講義、果てしなく続
きそうな四方山話になんとか終結を見つけて其々が仮眠に突入
ほんの1~2時間の幸せな仮眠状態が終わり、更なる幸せの時間到来!!

夜の暗がりで見えなかった山間の紅葉が、湖の沖へ出て行くと見事な
パノラマ絶景!!
360°の視界で見る山並みは見事に色鮮やかに変身していて、ウットリと
眺め鱒釣りも忘れるくらい・・・なんて色彩だ~!

こんな時にたびたびシンフォニーが頭中に響き更に陶然とします
しかしですね・・・こんな時に限って鱒が釣れるのです、大抵は小物がです
シイット!!!
なんて奴だ!、などと悪態をつきながら魚を針から外して湖に帰すのですが

さあ、もうシンフォニーは響きません
欲望と策略が全開、釣り人と云う人種はなんともは~
釣魚大全の様にゆったりと釣行は出来ないですな

良くベートーベンのシンフォニーNo6(田園)を自然の只中で聞こえる様
な事を見聞きしますが私は聴いたことが有りません、此の作品は雑踏の中で
孤立している自分にこそ鳴り響く様に思いますが如何ですか?

日も高くなり鱒は何時もの地に帰り、釣れる気配がまるで感じられない時間
に成ると、紅葉の色彩が目に入り時間が止まる様な感じと共にシンフォニー
の断片が流れ、ぼ~っと山並みを眺めながら、だらだらと釣行を続ける

こんな時です、大物、怪物、未確認魚、がアタックして来るのは
わ~大変、え~如何しよう、パニック、でだいたいは取り逃がして終い
ガッテム!ガッテム!ガッテム!・・と繰り返しながら帰途に着く訳ですね

湖上からの紅葉は実に見事なシンフォニーですね、北海道でも小さな自然湖
で貸しボートも有る処が有ります、是非一度紅葉の山並みを湖上から眺めて
見てください・・・女性と一緒に見れると更に色彩華やかに見れ見事な曲が
流れるると思います・・・

自分に流れるのはいつもシンフォニーNo4で、作曲者は時により違います
がやはりNo4が多い、女性と共に紅葉を眺める時に脳裏をかすめる曲が
メンデルスゾーン、ブルックナー、マーラー辺りのNo4であります、更に
ベートーベンも良いです
決してショスタコービッチやシューマンでない事を祈ります
女性と湖上より紅葉の色彩を眺める時の 此の一枚!!

クラウディオ・アバド指揮 ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団
演奏 G・マーラー作曲 交響曲第4番
紅葉時期ではないけれど数年前にサミットの有った洞爺湖で釣れた姫鱒の写真
神の恵みと感謝し味わいながらの刺身料理でした 美味しかったです!!

洞爺湖の鱒釣り

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

エリック・ドルフィーのJAZZ!!

アルトサックス奏者エリック・ドルフィーが好きです、と云うか
演奏した音楽が好きです。
最近は名前も聞かなくなり雑誌記事でも見なくなりました

E・ドルフィーを最初に聴いたのは1970年頃に当時流行っていた
JAZZ喫茶に友達に頼んで、連れて行ってもらった時です
何せ当時のJAZZ喫茶は気の弱い者には兎に角1人で入りにくかったです

細長い店内に入ったら更に驚く事に奥の方でスピーカーが豚の鳴き声の様な
時には馬の叫びの様な音を当たり前の様に放出していました
此の音こそがE・ドルフィーの演奏だったのです、後で知りました
( 演奏レコードはラストデイトでした! )

でも咄嗟に頭に浮かんだのは ピカソ の ゲルニカ の絵です、今聞けばとて
も素晴らしい演奏ですが( ゲルニカ のテイスト少し有ると思ってます )
初めて耳にした音は廻りの暗さも手伝ってか、さながら動物園って感じ

此のときのスピーカーも音に影響していたと今は思います、なんたって
ジムテック と云う、アメリカの2大音響メーカーの名前を足して割った
贅沢な名前で、当時まあ今もそうですが他人の良い処を借りてしまうのが
上手ですね、とても隣国の事などいえません

此のジムテックスピーカー、名前は立派ですが非力で音が何ともちょっとね
あの頃の国産スピーカーは大同小異で、特別 ジムテック が悪い訳でもなく
JAZZの生命力を再現するのが下手でしたね

E・ドルフィーとJ・コルトレーンクァルテットのヨーロッパ公演ライブ盤
良いですね、嵌りました!!
此のときのグループはE・ドルフィーとJ・コルトレーンの双頭コンボと

思ってますが如何でしょう、ただ此の時ドラマーがE・ジョーンズであった
事が良かった、他の誰も務まらないでしょう、
何せホーン奏者が 「我風大王」 の二人でしょう

全ての空間に音を放射するE・ドルフィーとバルカン砲の様に連射する
J・コルトレーン、二人の攻撃目標を支持するE・ジョーンズのドラミング
大きな音で聴きたいです、ちまちま小音量では炸裂しない
( 芸術は爆発だ~!!と巨匠も云っていた )

昨日E・ドルフィーのベルリンライブ盤とヨーロッパライブ盤Vol1~3を
続けて聴いていてつくづく此の様に演奏する人は現れないと思いました
実は私は子供が生まれた時、名前を ドルフ としたい旨生みの親に伝えまし
たら即座に却下!!!でした・・・

相手にとっては何せ分身ですからね
此方は遺伝子の一部を提供しただけなので素直に引き下がるしかありません
E・ドルフィーにはいろんな思い出があります

Do

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

ステレオ・サウンドは低音が魅力 !

ゲリー・カーと云うコントラバス奏者のCDに嵌ってしまった!
キングの古いCDですが低音が本当に素直に記録されていて聞いていて実に
楽しい、低音楽器の再生で何時も感じるのは演奏は音が下がっているのに、
再生音は下がって再生されないで音色の変化のみ、音程の変化がないので違
和感あります

オーディオ・カフェ「我風」の装置では超低音にボーズ・キャノンSPを使っ
ています、いわいる 3D方式 と云う奴です
今日、キャノンSP駆動アンプをビクターのPA用からSAE2600に取
り替えました、いわいる担当換えって奴です

此のアンプの低音とくに超低域の再生音は本当に素直な性格でとても気に入
っているのですが、老骨にムチ打っての使用なのでいつ絶命するか解らんす
動作環境、まあ特に発熱には配慮してる心算です、命有る限り尽して貰いま
しょう、栄養タップリの電気も送ってます・・・

アンプが変わってコントラバスなど低音の音程が一段と解る様になって、本
当に楽しく聴けます、オーディオマニアの間で超低域一本の 3Dは駄目だ
と云う意見などを見聞きしますが、私は無いより有った方が遥かに音楽が生
きてる様に聞こえます、再生音の質改善は量を満たしてからでも良いと思う

ワーグナーも必要だからワーグナーチューバを開発したので、再生装置も
低音を自由に増強出来る回路を備えてほしい、音楽家は音楽表現に必要だか
ら楽器を加えるので、飾りに並べている訳はないのです

ソフトの音も国内盤はズ~ンと低域まで音が伸びない感じ、まるで装置が再
生出来ないので必要ないと言ってるようだ
話は変わり、先日買った中古レコードで ショルティー指揮 シカゴSoの
春の祭典(国内盤)、此のレコードは音楽が fff になっても再生音の

レベルは変らないと言う冗談の様な、まるで単なる記録レコードの作りで、
とても音楽ソフトとは思えない代物でした
昔はほんと、いい加減な物を売っていたんですね!!

Ge

SAE

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

臨時休業のお知らせ

9月30日~10月4日まで店主の研修で休みます、携帯TELでの連絡は付きます。

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード