FC2ブログ

吹奏楽コンクール課題曲集VOL1・VOL2と云うレコード盤

現今の金銀銅賞と云うランク付けの前に行っていた、1~3位と云う昔の全日本吹奏楽コンクール課題曲集
昭和37年から42年までの課題曲を収録したVOL1のレコード盤と
昭和43年から49年までの課題曲を収録したVOL2のレコード盤の2枚
を聴いてみました

今の演奏と比較すると此のレコードに収録されている演奏は、どの団体の演奏
も派手さは無く実にひた向きで誠実な演奏に聴こえます
此の頃は経済が成長段階で使う国産楽器も高品質になり、更に高額外国製も
沢山輸入されて使われる様になったせいか、VOL1盤よりVOL2盤の演奏
が格段にハーモニーが多彩になっている

演奏会場も学校の体育館なんかで音響的には何の配慮もないどころか
マイナス要因が多い時代によく此れだけの演奏が出来たと思います
( 録音環境と技術が十分ではないのが残念だ・・・! )

全日本吹奏楽コンクール課題曲集VOL1の曲目と団体

吹奏楽1
A面
1、行進曲「若人」・秋山紀夫 指揮
   埼玉県大宮市立桜木中学校吹奏楽部 (昭和37年)
2、行進曲「朝のステップ」・大室勇一 指揮
   埼玉県大宮市立桜木中学校吹奏楽部 (昭和38年)
3、序曲「嚝野をゆく」・秋山紀夫 指揮
   埼玉県大宮市立桜木中学校吹奏楽部 (昭和39年)
4、序曲「ティアラ」・酒井正幸 指揮
   東京都豊島区立第十中学校吹奏楽部 (昭和40年)
5、「学園序曲」・酒井正幸 指揮
   東京都豊島区立第十中学校吹奏楽部 (昭和41年)
6、吹奏楽の為の序曲「北の国から」・片寄哲夫 指揮
   島根県出雲市立第一中学校吹奏楽部 (昭和42年)
B面
1、行進曲「閧の声」・鈴木竹男 指揮
   阪急百貨店吹奏楽団 (昭和37年)
2、行進曲「希望」・鈴木竹男 指揮
   阪急百貨店吹奏楽団 (昭和38年)
3、「若人の歌」・矢野清 指揮
   奈良県天理高等学校吹奏楽部 (昭和39年)
4、序曲「パリスとヘレナ」・鈴木竹男 指揮
   阪急百貨店吹奏楽団 (昭和40年)
5、「吹奏楽の為の小狂詩曲」・谷口真 指揮
   奈良県天理高等学校吹奏楽部 (昭和41年)
6、「吹奏楽の為のデヴェルティメント」・鈴木竹男 指揮
   阪急百貨店吹奏楽団 (昭和42年)

此の演奏時期は古いとはいえ1960年代中期、海外のクラシックレコード
との音質の差が有りすぎです
如何に音楽文化の捉え方に差があったのかがよく感じられる音盤の
出来ですね
( 演奏は当時のアマチィア団体としては立派なものと思います、特に
「ティアラ」を演奏した豊島十中は本当に中学生・・・?
と疑うくらいに上手ですね )

オーディオ装置の確認で特にホーンスピーカーの音には、金管楽器の
ハーモニーや木管楽器特にリード楽器の響きが私は参考になるんです
オーケストラだと管楽器の人数が少なくて、管楽器が作る厚みのある多彩な
ハーモニーが物足りない

全日本吹奏楽コンクール課題曲集VOL2の曲目と団体

吹奏楽2
A面
1、吹奏楽の為の「序・破・急」ト調・得津武史 指揮
   西宮市立今津中学校吹奏楽部 (昭和43年)
2、吹奏楽の為の幻想曲「移り気な五度のムード」・鈴木竹男 指揮
   阪急百貨店吹奏楽団  (昭和43年)
3、吹奏楽の為の小品「ふるさとの情景」・渡部修明 指揮
   出雲市立第一中学校吹奏楽部 (昭和44年)
4、吹奏楽の為の音詩「南極点への序曲」・鈴木竹男 指揮
   阪急百貨店吹奏楽団  (昭和44年)
5、サムソン序曲・田畑俊彦 指揮
   北九州市立響南中学校吹奏楽部 (昭和45年)
6、音楽祭のプレリュード・小山卯三郎 指揮
   ブリジストンタイヤ久留米工場吹奏楽団 (昭和45年)
B面
1、行進曲「輝く銀嶺」・得津武史 指揮
   西宮市立今津中学校吹奏楽部 (昭和46年)
2、行進曲「太陽の下に」・谷口眞 指揮
   奈良県天理高等学校吹奏楽部 (昭和46年)
3、シンコペーテッドマーチ「明日に向かって」・屋比久勲
   那覇市立真和志中学校吹奏楽部 (昭和47年)
4、シンフォニック、ファンファーレ ・中谷義和 指揮
   関西学院大学応援団総部吹奏楽部 (昭和47年)
5、吹奏楽の為の寓話・渡部修明 指揮
   出雲市立第一中学校吹奏楽部 (昭和48年)
6、吹奏楽の為のアラベスク・松井郁雄 指揮
   愛知県名古屋電気工業高等学校吹奏楽部 (昭和48年)
7、吹奏楽の為のシンフォニア・渡部修明 指揮
   出雲市立第一中学校吹奏楽部 (昭和49年)
8、高度な技術への指標・得津武史 指揮
   西宮市立今津中学校吹奏楽部 (昭和49年)

時代の経済成長と共に演奏の環境と技術が向上していった頃の記録で演奏も
全て力演、確信に満ちた演奏だけど此の VOL2盤 が出す音は楽器の響き
が貧弱、此れがレコード時代末期の音なら寂しい限りです

試しに10年位前に発売された日本の吹奏楽71盤で双方に収録されている
天理高等学校吹奏楽部が演奏する 行進曲「太陽の下に」を聴き比べると
明らかに10年位前に発売された日本の吹奏楽71盤 の方が音が良い!

吹奏楽3

音源の劣化と云うよりも製品を作る環境と云うか姿勢に違いが有るとしか
思えない出来ですね
レコードやCDはビニール盤やポリカーボネイト盤を売っている訳ではなく
記録された音楽を売っている筈と思うんです

念の為にVOL2盤に収録の阪急百貨店吹奏楽団が演奏する
「南極点への序曲」をCD盤と聴き比べるとなんと・・・! 
CD盤の方が良いではないですか
と云う事は音源はOK!・・・やはりレコード製作の姿勢と確信しました

吹奏楽4

折角の音楽文化、記録した音楽を再生出来るから価値が有ると言うもので
単なる信号の記録では無い筈
同じ日に第二次世界大戦中ドイツ国内で演奏された

W・フルトヴェングラー指揮 ベルリンフィルPo、ベートーベン交響曲第9番
旧ソビエトのメロディア音源によるレコードを聴き余りの音の良さに
( 当時としては )

ビックリやら感心やらで考えさせられました
音楽と其れを記録する事の価値感の違いなんだろうけど、
何だか少し残念です!

以上はオーディオカフェ「 我風 」のオーディオ装置で店主が比較試聴し
感じた事、過ぎた昔をクドクド云うのもなんですが
現在の国内外CD盤でも私は同じ事を感じます。
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

G・グールドの JSバッハ フランス組曲

秋の澄み渡る高い空を見ると、私の頭にJSバッハのフランス組曲が鳴った
此のフランス組曲は実に不用意に何時も突然鳴り出すんだ
晴れた秋空の中で親しそうに男女が公園を散歩しながら語らっている光景が
似合う音楽

まるでG・グールドが彼女とトロント市街の公園を散歩でもしている様に
優しくピアノを鳴らす
いや~・・・何時もながら又聴いてしまった

今日の旭川は曇天に時々日が注す北国の秋空です
曇り空に負けないG・グールドのピアノの澄んだ音、此れがイギリス組曲
だともっと寒くなる初冬が似合うかな

G・グールドの弾くフランス組曲は実に気持ちよくカラダに入って
溶け込むんだ
物思いに耽っても、しばし聴き入っても、何かをしながらでも、
常にス~っと音楽が溶け込んで来る

G・グールドが残したピアノ演奏作品を全て聴いた訳ではないけれど、
どの演奏でも私は満足する
JSバッハ作品群、ベートーベンのピアノソナタ、ブラームスのピアノ
作品群とシベリウスのソナチネそしてモーツアルトのピアノソナタ

私はモーツアルトはG・グールドで始めて聴いたせいか何時聴いても
とても楽しい
評判の女性ピアニストの演奏は少し退屈になる

G・グールドの演奏で満足して他の演奏家作品を聴かないのが問題か?
音楽を主題にした男女のドラマ映像を作るとしたら、シェーンベルグの
「 浄夜 」と JSバッハの「 フランス組曲 」が良いと思うが如何でしょう

英国プレスのレコード盤、やはり自然なピアノらしい響きが綺麗だ!

グールド1

国内CD盤、ff の音が濁らず聴きやすい、pp の美しさはLPに負けるけれど
鍵盤を強打する音の安定度はCDに軍配を上げるかな

グールド2

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

音盤調査隊・第4回目、クラシック以外の優秀&名演を聴く!

優秀録音とか名演奏とか言う話をすると
必ずと出ます曰く、何が優秀なのか・・・
何処を基準に優れているのか・・・後はなんだっけ、え~と

更に続く、名演とは誰が決めたのかとか・・・
聴く人全てが優れていると感じるのか云々・・・え~と
まあこんな話は別の人に任せて今回は店主が基準で決めました

私が感動した音楽を調査対象に独断で決定!
前半はロック&ポップス系、
( 生音系と云うよりは気持ちイイ感の強い音作りでしょうか )

ロック

1、ブリジット・フォンテーヌ、 ラジオの様に CD からラジオの様に
  女性のフランス語はオーディオ装置泣かせだ、更に伴奏ドラムが
  タムタム系で音の質感が違って難しいよ

2、ビートルズ、LET IT BE 英国パーロフォンの LP盤 から
  LET IT BE 
  此の曲、メンバーが勝手に演奏してる感じとポールの歌に反応する
  リンゴのシンバル音を感じれますか?

3、レオン・ラッセル、CD ベスト盤からタイト・ロープ
  ちょっと音程をずらして歌うレオン・ラッセルの声と伴奏のハーモニー
  が良い~・・・素敵だ、曲名からしてまるで我が店の様であります!!

4、スティーリー・ダン、CD ベスト盤からドウ・イット・アゲイン
  ロックと云う音楽も可也音作りが変ったと思わされた盤、此の頃から
  気持ちのいい音主体に成ったと思う

5、近藤等則&栄芝、CD ザ・吉原 から並木駒形
  栄芝師匠の声の魅力をオーディオ装置が表現出来るか、
  三味線とトランペット共に馴染みの有る楽器ですがリアルな再生音に
  なるかが聴き処です

6、スティング、ナッシング・ライク・ザ・サン CD から
  イングリッシュマン・イン・ニューヨーク、光が当たる音と陰りの音と
  のコントラストが魅力、其れと怒涛のドドド~ンっと鳴るドラム音がグ~!

7、浅川マキ、MAKIⅥ LP盤から ボロと古鉄
  今年の初めに関西で亡くなり残念です、曲はブルース定番曲・・・
  JAZZ演奏家の山下トリオ+稲葉国光の伴奏で歌う声の変化が微妙で
  良いね、此れ伴奏が凄いんだ是非聴いてみて下さい

8、シカゴ、ナイト・アンド・デイ CD からシング・シング・シング
  ロックバンドの金管が咆える!・・・ブラスのハーモニーを聴いて欲しい

後半はJAZZ中心、で何だか全てLP盤に成ってしまった
  
ジャズ

1、ソニー・ロリンズ、ウエイ・アウト・ウエスト から同名曲
  何たって全てがリアル、テナーサックス・ベース・ドラム ベースが
  迫力だけど私的にはシェリー・マンのドラミングを聴いて欲しい

2、ジョン・コルトレーン、クレッセント から ザ・ドラム・シング
  正に全篇ドラム、E・ジョーンズの凄過ぎるドラミングが炸裂!!
  カートリッジのトレース能力を聴くのには良いね

3、渡辺貞夫、ジャズ・ワークショップ2 から 言い出しかねて
  アルト・サックスの全篇ソロ、アルト・サックスのリアルな再生音が
  聴きもの、ライブ感もあって中央にアルト・サックスの音が飛び出します

4、レスター・ボウイ、瞳は君故に から カミング・バック・ジャマイカ
  トランペット、フリューゲルホーン、ホルン、トロンボーン、チューバ
  これ等金管楽器のハーモニーを聴いて欲しい・・・
  きめ細かくしなやかで多彩な音がオーディオ装置から出るかが肝?

5、カーラ・ブレイ、ヘビー・ハート からエンディング・イット
  正にトロンボーン・サウンド! 全篇トロンボーンのソロで多彩な音色
  を吹きまくる、此の音はホーンドライバーの独壇場かな
  まあ金管楽器は得意なスピーカーですね

6、エリック・ドルフィー、イン・ヨーロッパ Vol2 からミス・アン
  私の大好きな音楽家、全てが良く聴こえる!
  スピーカー屋の平田氏(ヒゲ男爵)は此れを聴いてパーカーの音に

  似てる!・・と囁くではないですか、此の人やはり只者ではないですな
  私は秘かにパーカーの正統的後継者と思っているからです、
  パーカーが60年代に生きていたらドルフィーの様に進化したと思う
  ( えっ!皆考える事だって~? )

7、キース・ジャレット、スタンダードVol1 から
  ゴット・プレス・ザ・チャイルド
  曲の冒頭からゲイリー・ピーコックのベースが唸ります、ゴンゴン
  きます・・・其れにリアル!

  ECMのオーナーは確かベーシストだったと記憶してる、
  アンプ屋のマーク・レビンソンもベーシストだったかな
  楽器を演奏する人が音作りをすると、特に演奏楽器の音が素晴らしく
  リアルに成ると感じさせられる

                  今回はこんな感じでした。  

追伸・・・暑い夏が終わるともうススキの時期です

ススキ

毎週パソコン教室に来てくれる山&自然が大好きおじさんのプレゼント・・
フワッとした感じでシュッとしてなかなかカッコいい~でしょう~!

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

やって見なくちゃ~解らない!

休みの日になにをするか、なんて私は結構数日前に予定を作る事が多い
今回はマイBGM用&幾つかの実験の為のスピーカーを設置する事
まあこう書くと何だか大げさですね、他愛も無い只余っていると云うか友人

に譲る予定が不調に終わり使われないままだったスピーカーを
使える様にしただけ・・・此れでスピーカーも納得するだろう!
只天井から吊っただけだけど
( 安全に吊る為の道具をホームセンターで探す時間が結構かかったね )

SPU

どうです!・・・円盤が浮いてる感じでしょう
JBLのプロフェシュナルシリーズのスピーカーで型式は2130、
口径12inのフルレンジです

私はかねがねフルレンジでは世界最高性能のスピーカーだと思っています、
評判のLE8Tより数倍強力、いや~箱に入れずストレスの無い状態で自由
に鳴らすとコイツは本当に凄いね

当店の主力JBL375ドライバーを思わせる瞬発力を聴かせる、
やはり強力な磁気回路が一番!
平面バッフェルに使う予定だったけれど場所の都合がつかなくて今まで

眠ってもらってたんだね
兎に角小さい音から大きな音になっても音の形が変らない・・・
JBLの凄い技術を思い知らされたよ

思い知らされた物がもう一つ
カウント・ベイシーのカンサスシティー7、と云うアルバム
比較的新しい再発盤、MCAのUSAプレス盤

兎に角低音が凄い・・・凄いと云うより遣り過ぎと云ってもいい位に
ベースが唸る、ブンブンなんてもんじゃないよ、ズンズンと云うかゴンゴン
と云うかそこいらじゅう低音だらけ

此れがジャケットデザイン
KB

演奏は文句なしに素晴らしい・・だけど強力低音にも限度があるだろう~!
どんなモニタースピーカーでリマスターしたんだか・・・
確信犯的サウンドだよね

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード