L ・ベートーベン、交響曲 第9番 ニ短調 (合唱付)

昔「 不滅の恋 」と云う映画が有った、ベートーベンにまつわる話を題材に
した映画と云うだけで見に行く気に成った・・・此の頃フルトヴェングラー
の関係する本を結構読んでいた、数ある本の中に此の大指揮者が語ったとさ
れる言葉に「 私の音楽行為は愛の行為です 」と云うのが有って当時自分が
ベートーベン作品に感じていた事とリンクした事に確信を持ちたくて映画館
に足を運んだ、しかし!映画館は暇そうだったな~・・・

第九と云えば日本では真っ先に出るのがベートーベンの作品だと思う、何時
からこんなに知名度が上がったのかな、多分皆で第九を歌おう~なんて話題
が広まった80年代位かな・・・知らないよりは知っていた方が良い様な気
がするが、たった数回歌っただけで交響曲第九番を解ってるなんて話を聴く
とチョット貴方!・・・「 不滅の恋 」って映画見た~と突っ込む事になる

まあ此の映画の最後に第九が流れて主人公らしい女性が熊男ベートーベンを
・・・人類の宝の様な素晴らしい作品を世に出す熊男を私は許す!・・・
なんてストーリーだったと思うのだが、私的には人類の宝と云うよりも壮大
なラブレターの様だと感じる、其の熊男を許すと言った女性の不滅の恋に対
する希望が此の曲には有る・・・私的には此の作品を聴く時希望を感じる事
が出来るかが重要、だから其の様な気持ちにさせてくれる演奏が私は好きだ

泣く子も黙る天下の名盤!!
W・フルトヴェングラー 指揮、 バイロイト祝祭管弦楽団&合唱団 演奏
英国盤です、マニアも黙って聴く凄い録音と製盤・・・これぞ音楽製品!!
どうです~、虚無から不滅の愛が始まる様に聴こえませんか~・・・
第一楽章、愛が生まれ成長し充実する世界
第二楽章、感受性も強く活動的で外面的な愛
第三楽章、内在する充実感と不滅を期待する愛
第四楽章、揺らぐ心に希望をもてと鼓舞する様に進む音世界、不滅の恋を信
じ希望を抱け!・・・とベートーベンが語っていると感じてください!!
第九1

もう一つの凄演・・・旧ソビエト音源盤
W・フルトヴェングラー 指揮、ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 演奏
第二次世界大戦中の1942年録音のレコードです、演出過多にも感じるけ
ど聴き進み音楽に浸り全てが納得・・・戦争の只中で演奏家も観客も全てが
生き抜く希望を探す様に燃え上がってる・・・と感じる一枚、いや二枚!!
第九2

いや~・・・良く聴きました、第九ばかり結構な枚数・・・私は余り此の様
な聴き方は良く思ってないけれど仕方ないです・・・確認は必要ですよね!

何種類かのベートーベン

クレンペラー・フィルハーモニア盤、大変造形のしっかりした音の構築物的
な音楽、此の指揮者はまるで学者が研究論文を発表する様に音符を隅々まで
音化して提示する、各楽章の性格が際立つ代わりに全体の統一感が薄い感じ

G・セル、クリーブランド盤、颯爽として快調に進む音楽、優れた合奏力と
時間感覚だ・・・予定調和の典型・・・しっかり目的地点に到達する設計図

L・ルードヴィヒ、ベルリンSo盤、CDが出た時有名評論家に酷評された
奴だ、私的には感動は無いけどまあ普通・・・此の盤が駄目なら年末に演奏
される国内の演奏は全て無駄になるかな、チョット小作りな感じはあるけど
酷評は別の要因でリマスターが原因だと思う、クラシック音楽が余り好きで
はないけど仕事だから仕方ない的な音作りだね

えっ~なに?  映画館には1人で見に行ったかだって~ ・・・
・・・其れは秘密です!!
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

F・シューベルト、交響曲 第9番 ハ長調(ザ・グレイト)

昔、ザ・グレイト云う表題に惹かれてレコードを買ってみた、何だか凄そう
で感動的な感じでしょう~・・・未だ若く頭の毛も沢山有った頃だったかな
聴いみて余り惹かれる事は無かった、と云うより退屈だったので暫くは棚の
飾りで聴いてなかったと云うか興味を持たなかった様に思う
札幌の中古レコード屋で北海道新聞社に勤務と云う人と話した時、此の方が
自分は年に一度はワグナーのリングを全曲レコードで聴くと言い放ったので
思わずのけ反りながら他に好きな曲はと訪ねるとシューベルトのグレイト!
と、満面の笑顔で答えられた・・・

其の事がきっかけで結構聴く様に成っていた頃、御茶ノ水の輸入レコード店
で此のレコードを買った、I・ケルテス指揮、ウイーンフィル演奏のUK盤
シュー1

帰宅後早速聴いた・・・あぜ~ん、ぼ~ぜん、は~!!・・・ため息が出た
なんと云う冒頭のホルンの音色・・・いきなり夢の世界に連れて行かれた!
続く弦のしなやかに頬を撫でられる様な音・・・そして確信に満ちて語る様
な木管群の音色・・・凄い!!私が描くシューベルトの音世界の全てが鳴る
此の頃には多少私も熟成して音楽を味わう事が出来る様に成ってたのかもね

人は皆自分が好きな様に使える時間を持っていると思うのだが、多くの人は
労働と云う行為で其の時間を売って金に変えている・・・当然生活の為だ!
しかし極少数だが何よりも自分の時間を大切にし、金が無くても自分の時間
が重要だと考える人達が居る・・・此れは要するに金で時間を買う行為とも
言える、当然金が無くなると時間も無くなるので人生の時間も無くなる!!

長寿大国と言われて久しいがどれだけ多くの人が自分の時間に充足感を意識
出来たのか、只長寿で有った事だけで良かったのか・・・人の生涯は如何に
自分の時間を自在に使えたのかが重要と思う(長寿が一番と云う人もいる)
我々よりも遥かに平均寿命が短い人達の生涯が充実してないとは言えない筈
シューベルトは若くして生涯を終えたが(チョット死因が?)密度は高い!

此の曲は冒頭からいきなり夢の世界に誘われる、空想が広がり妄想が膨らむ
作曲者は夢想する想いが強く入った様な此の作品を世に出す事をしなかった
不安や刹那さ、そして辛い思い等に直面した時に人の脳は空想し・妄想して
現況を超える様に出来ていると思われる(ランナーズ・ハイってそうかな)
少し前に私は随分音楽に助けられたと話したら、聴けるうちは未だ良いと言
った人がいた、多分此の人にとっての音楽は単なる暇つぶしBGMなのかと
落胆した思いがある・・・音楽は受け止める人により其々だから仕方ない!

もう一枚のグレイト・・・第二次世界大戦末期、1943年の演奏
W・フルトヴェングラー指揮、ベルリンフィルのライブ録音(凄い録音だ!)
シュー3

他にも沢山の名演や凄演がある、音の構築物的な立派な物や高精度を謳う物
しかし何れも私は夢想家になれない、ただ楽譜を音化したのは魅力がないよ

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

年末年始の休日案内です

年末・年始の営業日程をお知らせします( まあ大したものでないけどね )

12月30日までは普通営業です
12月31日は休日にします

1 月 1日は休日にします
1 月 2日からは普通営業です

     ・・・以上・・・

来年1月中は、EMT・930stのカートリッジをルミエールにします

LPP

LPP2

当店使用のシュアー・V-15Ⅲは先月から何やら不調の兆しが出て来た為
おでこピカピカのミラータイプから、おでこシワシワのタイプに変更しまし
た、尚針もノーマル楕円からHEそしてMRと試した処、現在はHEを使用

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

音盤調査隊・第6回目、盤士4人が選ぶ優秀録音or名演盤を聴く!

昨夜の音盤調査は音盤の志士とも言える(・・かな?)4人が自信をもって
同胞マニアに紹介する音盤の再生でした、当店の再生装置が十全に表現出来
たかは4人の盤士にしか解りませんが、まあ良いんでないかい・・・ですか

選択をクラシック又はジャズに限定した処、今回は全てジャズに成った・・
凡そCDとLPが半々、最新リマスター盤も登場で古いLPしか聴いてない
店主は興味深々でしたが、想像してたよりも良く聴こえない物もあったです

多分、当店のCDプレーヤーが古典機器なのでそう聴こえた様に思う・・・
何点かCDとLPの比較試聴、更に国内盤と米国盤の比較試聴を行い盤音の
違いや、再生機器のマッチングを探す事で時間は流れ・・・実に楽しい時間

参加してくれた音楽ファンにも、結構楽しんでもらったと思う・・・多分!
LP再生で主に使用したプレーヤー、英国・ガラード401ターンテーブル
とデンマーク・オルトフォン 309アーム+SPU-AE の組み合わせだ

ヘッドアンプはM・レビンソン JC-1DC に フォノイコはマランツ#7
のイコライザーを使う、此の組み合わせは音量を抑え気味に再生する時に音
の輪郭がはっきりして具合が良い・・・更にヘッドアンプの電池も吟味する

マクセルやパナソニックのアルカリ電池とパナソニックのエボルタ電池
最終的にエボルタに決定、マクセルも捨て難い魅力を出すも僅差でエボルタ
調査61

最新リマスターCD盤と70年代に有った普通の国内LP盤との比較試聴!
参加者多数がLP盤を支持する事になった
調査62

此れも最新CD盤とやはり70年代国内LP盤での比較試聴・・LPグー!
調査63

国内盤と米国盤の比較試聴、B面最初の曲で鑑賞、此れは大差が付きました
調査64

次回の音盤調査は今回参加者の次回参加可能な各自が思う・・渾身の推薦曲
を披露する事に決定、尚ジャンルはクラシック・ジャズ・ロック・ブルース
更に音源の新旧良悪は不問とした・・・どんな悪音のイカス音楽が鳴るのか
開催予定日は1月8日( 第二土曜日 ) 19:00~終わるまで!!

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

アート・ファーマーのレコード音、ペットそれともフリューゲル?

アート・ファーマーのリーダーアルバム・・「 ART 」・・の話
今年の春に、まあ何と言うかグズグズした日常から抜け出したくて研修旅行
に出かけた、行く先は何時もの如く東京・・てな具合なんだが此の時は可也

欲張って東北の一ノ関にも足を運んだ  (旅と云う奴は、お金がかかるね)
しかし旭川から一ノ関に向うより旭川~羽田~一ノ関の方が遥かに早く着く
いわいる贅沢と云う奴だ・・・まあ30年ぶりだし、仕方ないんだよな~!

全国に知らぬジャズファンがいない有名なジャズの聖地と云われている名店
前日に営業予定をTELで確認したら、地震が無ければ営業の予定との返事
流石に地震頻発地域を感じさせる答えで30年前 (32年?正確には不明)

店でモダンアートを気持ち良く聴いていた時、突然に強烈な地震が来て、梁
に置いていた壷が私の直ぐ横に落ちて頭を砕かれ即死する処を何とか逃げ延
びた事、更に店主が翌日来るなら店の音を何とかすると云ってくれた事など

が懐かしく思い出された、翌日行ったらどうも徹夜で音の調整をしてくれた
らしい、店主は音がなあ~・・・と云ったけれど私には素晴らしい音だった
久し振りに素晴らしいジャズの再生音が聴ける期待よりも、本当に営業して

いるかどうかの不安の方が大きく、何とも落ち着かない新幹線の旅だった
到着までいろいろと有ったけれど名店は営業中だ、早速入店!で珈琲を注文
再生音はやはり私が思うジャズっぽいハーモニーバランスで店内を満たして

紫煙も負けずに充満して30年前を思い出してしまった(壷の梁も即確認)
何枚かのレコードを聴いた後にプレーヤーに乗ったのがアート・ファーマー
の「 ART 」と云うレコード、曲の途中で名店の店主曰くどうも此の曲は

ペットではなくフリューゲルを吹いている様に聴こえると静かに言ったので
私も神妙に聴き入る・・・何とフリューゲル度70%ペット度30%に聴こ
える、ちょっとコルネットも連想させるけれどやはりフリューゲル度が上か

早速「ART」の国内盤を入手して我が装置で聴くと、何とフリューゲル度
が30%ペット度70%に聴こえる、ペット音もバックやキングよりもセル
マー系に感じるけどね (ジャズでセルマーなんて使うのかな・・・?)

ART

此れは同じレコードでなければならぬ!!・・・と何とか米国盤を入手して
聴き比べたらフリューゲル度40%ペット度60%でやはりペット度が強い

ART2

名店で使ったレコードは此れだと思う・・・多分?

オーディオ再生は本当に面白いね、再生空間や再生音量、更に使用機材の違
いで此処まで楽器が違って聴こえる、しかしトランペットはトランペット!
ジャズ好きの皆さんもレコードを持っていたら聴き比べてみて下さい・・・

えっ~・・何曲目なんだって? どうぞAB両面聴いて下さい、多分解る筈

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード