FC2ブログ

G ・マーラー、交響曲 第9番 ニ長調

ボ~・・・ボ~~・・・ っと曲が始まる冒頭から少し距離の離れた処で何か
が始まったぞ~ と感じさせる響き・・・対象と距離感を感じさせる響きが
此の交響曲第9番では全篇で感じられる、聴くものの描く思いを客観的な感
じにさせるんだ、過去の作曲者の作品は音楽と自身の想いが直接的に関わり
感情を揺さぶる様な作品が多かったと思う、マーラー作品も他の曲は直接的
に感情に働きかけてくるが、此の曲は夢心地で聴き入るが不思議と冷静にさ
せられる・・・醒めた熱狂と云うかいわいる仏の云う処の 半眼って奴なのか?

深夜に眼が覚めて何だか眠れない、昨日までの出来事がやたらと頭に浮かぶ
多くは直接では無いが不安や未確定な事、要するにマイナス要因の思いだが
此のままだと今夜も多分眠れなくなるだろう、眠らないと開店早々昼ねをし
てしまう予感がする・・・いや!寝る・・・酒でも呑んで寝る事にするか!

深夜に1人で酒を呑みながらテレビの音を消して見ている、此のテレビには
特別な機能があるんだ、其の機能を働かせると自分の思考や思い出を画面に
出せる・・・過去の想いが走馬灯の様にテレビ画面に映し出され静かに見入
る事にする・・・過去の出来事、自分から離れた事柄など、自分ではどうに
も出来ない事などを静かに眺め、己の思考や想いを整理しながら深夜に1人
映像を眺め酒を呑む光景・・・

マーラー、交響曲第9番の1楽章から3楽章までは此の様な自分の想いを別
な世界から客観的に眺める様な感じに響くが、第4楽章は更に別の世界感で
状況を眺めると云うか全く繋がりの無い立場から孤立した自身の感情で眺め
る・・・え~と・・・そうだね~例えば深夜に音を消してテレビを見ている
自分から意識だけが分離してと云うか( 幽体離脱って云うのか? )分かれ
て別な処から眺めている様な感じかな~・・・!

寒い冬、北国の晴れた朝に現れる日ざしの様な、繊細で透明感のある大きく
はないが強さのあるエネルギー感、音楽で云うと強いppの様な表現か
此の響きを十全に感じさせてくれる音盤はそうそう多くはないと思う・・・

有名なL・バーンスタインの盤、此の盤が出た当時は夢中に成って聴いたけ
れど今は別の演奏家を選ぶ事が多くなった、此のオケとの演奏ではNo4は
好きなんだが・・・コンセルトヘボウはシャイー盤も良く聴く
マーラー1

此れも有名なJ・バルビローリの盤、オリジナル英国盤は私が買える様な価
格を遥かに超えており此の再発英国盤がやっと買えたんだ、どうも私はベル
リンのオケが出す ff の音が余り好みでは無い様です、フルトヴェングラー
時代の音は好きなんだが、帝王カラヤンに成ってから変ってしまった・・・
マーラー2

又も有名なO・クレンペラー盤、此のオリジナル英国盤も凄過ぎ価格で私の
思考範囲には無い、だから再発英国盤で納得してる
しかし、此の巨匠の演奏はやはり作品の内容説明的に私には聴こえる・・・
マーラー3

K・テンシュテット盤、CDが発売されて最初にNo9を買った、聴き終え
て直ぐ発売されている全てのマーラー演奏CDを買いに走った・・・!
最初に聴いたNo9が特に素晴らしい、何と云っても最終楽章の弦楽器の音
兎に角一度聴いて欲しい・・・此れ買ってからズ~とマイベスト盤
後年LP(英国盤)を購入したが此れは私的にはCD(国内盤)です
ハーモニーバランスが私好みなのでしょうか?
マーラー4




スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

音盤調査隊・第7回目、音質無視で推薦する渾身の愛聴盤!

まだ正月が続いている人も居ると思われる第2土曜日に無理が会ったのかは
解らないけれど参加者は激減した、少ない人数になるほど自分の推薦音盤を
再生する時間を多く取れるが聴く人は少ないと云う相反する条件での開催だ
多くの人に聴かせたいが、参加者が増えると紹介する音盤の再生時間が少な
くなると云う事で、此れを・・・絶対矛盾的自己同一・・・とでも云うのか

そんなこんなで今回はロック音盤も参加したのでジャケをお見せしたい
音盤選考者の推薦コメントが未だ届かないので私的にはジャケの報告にした
音盤7・1

音盤7・4
近田春夫氏の初期アルバムと思うが詳細は推薦者でないと解らない、解らな
いついでに推薦コメントを求めたが未だ届かず・・届きしだい書き足す心算
です(私的には最初のアルバムは結構楽しめた、2枚目はまあ同時代的か)

続いてクラシックの名盤!・・有名なルビンシュタイン演奏のベートーベン
ピアノコンチェルトだ、此れも推薦コメントが届かず選定者の思いが届かな
い・・・推薦コメントが届きしだい書き足します
音盤7・3
(私はルビンシュタインのシューベルトやシューマンのピアノ小品が好み)

今回私は又もや音に拘り、マーキュリー、テラーク、リファレンスレコード
のCDからフレデリック・フェネルが指揮する交響吹奏楽団の曲を各CDか
ら1曲を選択した
1960年頃のマーキュリー・ローエングリンから大聖堂へのエルザの入場
1980年頃のテラーク・・・・・・・吹奏楽の為の組曲第1番から行進曲
2000年頃のリファレンスレコード・・・・Russian Saillor's Dance
音盤7・2
此の指揮者は録音技術を熟知している感じだ、録音条件により鳴らす楽器を
特徴的に主張させる・・・流石に巨匠だと思う

次回は今回と同じテーマで「渾身の愛聴盤 」パートⅡ で行きたい・・!!
2月12日(第2土曜日)午後7:00~9:30位かな
多くの参加者を期待します・・・・珈琲飲みにきてね

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

「 ジャズ日本列島 」 と云う本の時代

本棚の隅にひっそりと隠れる様に納まっていたのを先日見つけて何気に此奴
を開いて見たところ、若い頃の日常がザワザワと甦って来た、全く考えたく
もない事だって復活だ・・・あ~~! なんてこったい~ってなもんだ!!

此の本です・・・1976年発刊(No3)、全国のジャズ喫茶を網羅か?
あct

まあ~見ちゃったものは仕方がないので更に読み進む事にした、しかし昔は
全国の端から端まで物凄くジャズ喫茶が在ったんですね、記事に載ってない
店も在っただろうから往年のジャズブームは凄かったんだな~と改めて思う
記事内容は記載店の店主にアンケートを取る形での質問及び回答を載せてる
や~凄いわ!、迫力の店主雑感が網羅である(今では絶対に言わない事が)

其れに店主の好きな演奏家ってのが、コルトレーン、アイラー、ドルフィー
やらなんやらが多い、フリージャズっての意見も結構ある、可也面白いです
60年代のコルトレーンやアイラーもイナクナリ、76年頃はもうハードな
ジャズのブームが過ぎてより歌謡性を感じさせる音楽がオーディオのブーム
と共に広がりをみせていたと思う、ジャズ喫茶で狂わんばかりに頭を振り体
を痙攣させてジャズを体内に取り込んでいった人達も余り見かけなくなった

此の本の時代から今日一番聴かれなくなった言葉と音が、A・アイラーかな
此のジャケを見てくれ・・・仏国盤だ
本

此の盤のA面最後にサマー・タイムが入っている、さて聴いてみるか・・・
全く素晴らしい!!・・・ウットリとしてしまった、久し振りに味わう味だ
此の曲を吉祥寺に在るジャズ喫茶のオーナーは自身の著書で全く聴くに耐え
ん・・・耳栓でも付ければ良かったと書いておられる・・・人によりこんな
に違うんだ・・・私はウットリと気持ちよく聴けるんだけれどもね~・・・
自分的にはサマー・タイムと云う曲はM・ディビスがアルバムポギー&ベス
で一筆画きの様に吹ききった演奏と此のA・アイラーの演奏が凄く心に残る

其れにしても76年代のオーディオ装置は各店力が入っているわな~・・・
アルテックのスピーカーが多いよね、やはり大音量のジャズはアルテック?

気合の入ったジャズを聴く時は此の カートリッジ が結構いいよ!
ルミエール1
ルミエール

此れメカ昆虫と云うか時々意思が有るかの様に音楽を吐き出す金属生命体?

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

新年の挨拶・・・です!

新年の御挨拶を申し上げます

オーディオカフェ「我風」のブログにアクセスしてくれた方々の今年が
良い年で有る事を祈念しております !!


 ・・・ROUND ABOUT MIDNIGHT・・・

           RAM


オーディオカフェ「我風」 店主 

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード