・ 残念な事 Ⅱ・・・!

ついに・・・と云うか懸念して来た事が顕在化して来た、真空管であります
未だ音は出るのだが左右の出力差が大きく成って来た、数十年前から時折り
使っていたが、カフェ開店時からは常用していた物だから仕方ないかもね

レコード再生には必ず使うフォノイコライザーと云う周波数特性を平坦に補
整する回路が有るのだが近年は此の部分だけ独立したアンプ状態の製品が
多く出回ってる、何やら結構高価な代物が多い・・・其れにしても不思議だ

現代のコントロールアンプ部分はシンプルなのが一番良いとされてトーンコ
ントロール回路や聴感補整のラウドネス回路なる複雑な回路は音に良くない
んだからと削除されてしまった、此れで再生音作りが大きく出来なく成って

しまった・・・然るにフォノイコ回路だけは複雑さと高額さを極めるかの様
な品が続出している、流石にヨーロッパ製は各時代のレコードに対応すべく
複数のイコライザーカーブを備え複雑であるが世評は良く評価している様だ

シンプルで接点の無いのが一番と国内では流布されて来た様に記憶している
が誰も高額製品を悪く言わない処を考えると単にコストダウンの言い訳なん
だったらしい、大体シンプルが一番良いなんて自作派が言い出した事なんで

メーカーが其れに便乗してコマーシャルした事が世に受け入れられたのかな
複雑と単純・・・アンプは構成部品や回路数が多いから複雑で良くないとは
言えないと思う、出て来た音が実音をどれだけイメージさせれるかが問題だ

其れにしても誰かが、イコライザーカーブを3種類位備えて真空管を使った
安価なキットのフォノイコを売らないかな~・・・音はマランツ7と同程度
実は今回不調の真空管はマランツ7のフォノイコ部分に使っている奴なんだ

永く気に入って使い続けたのが独テレフンケン社のECC803S、こいつ
を初段に使い、二段目三段目に色々なメーカーの球を入れて音作りしていた
オシリに四角いマークいわいるダイヤマーク入りとされてる奴、音の輪郭が

コントラストを強めずにスキッとなる、繊細さと硬さが微妙に調和して良い

ECC1

今回まで次点の待機をさせられて居た英ムラードのECC83、残留ノイズ
の音が柔らかい、出る音もやはり少し柔らかく私的にはチョット不満がある
しかし音の質が気に入ってるので、二段目三段目の球を変えて音作りをする

ECC2

チェコスロバキアの高信頼管ECC803S、一度此の球3本でフォノイコ
を構成してみた事が有った、出て来た音は実に測定器を連想させるカッチリ
とした旧東側のチェコ軍のイメージ、ムラードの後段に入れると私好みの音

に近くなるんだ、但し1本だけ2本使うと旧東側のチェコ軍が現れるのです

ECC3

此の球が難しいんだ、独シーメンスのECC83多分製造は旧東独かな余り
詳しくはないので勘弁ね、コヤツむっつり○○○で普段はさら~と鳴ってる
んだが、何かの拍子に執着を見せる様なキラッとした表現をするんで困る!

悪くは無いんだが何時もはむっつり○○○的で大人しい表現をしてるが嵌る
と・・・お~此れは良いんでないかい・・・に成ってしまうが翌日は又平坦
まあわがまま物と私は呼んでます、此の球は3本全段統一がいい様に思うな

ECC4
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ 残念な事・・・!!

此処の処オーディオシステムの変更で休日はシステム調整に明け暮れて外出
をしなかったのだけれど音に何とか再生表現に一応の落ち着きが出て来たの
で久し振りに北海道立旭川美術館に近代日本絵画展を見に出かけてみたんだ

絵

入場する前に過去の苦い思い出が甦って結構不安な気持ちのまま会場に入っ
てみると全く過去の苦い思い出そのままに場内は照明を絞り薄暗い、展示さ
れた絵を照らしている照明も不揃いで大きい絵の端辺りは光が弱く色が不明

場内を暗くする展示の仕方はよく知らないけど昔は結構流行したのかな、ど
おやら私の拙い経験では公共施設で多く体験させられる、民間運営の施設で
は会場内が明るく非常に見やすい・・・六本木に在る国立新美術館や上野の

美術館でもやはり暗かった、まるで色の連続した変化は見なくてもいいです
と言われている様だ、全く腹が立つのを通り過ぎて此の様な展示しかしない
美術館の学芸員が通用してるのが日本なんだな~・・・音楽にも似た処あるな

会場が暗くて絵の色彩変化が解らないと海外美術館経験が多い友人に聞くと
ヨーロッパの美術館で暗い処なんて無いよと云はれて・・・そうでしょう!!
当然でしょう色を見に行ってるのだから・・・暗くするのが演出なら最悪だな

おまけに今回は絵の前にアクリル板が付けて有り絵を見る自分の顔や姿の影
がアクリル板に映る、特に油絵は酷いものだった・・・暗い背景の絵には自分
の顔が色つきで映る、何で絵を見に行って自分の顔を見なけりゃならんのだ

担当学芸員は少し照明の光量や角度を工夫するとか考えても言いと思うんだ
が公共施設だと絵の好きな担当者とは限らないか、単なる職場に過ぎないか
次回はシャガールらしい又場内を暗くするのかな~シャガールの色彩が・・・

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ Wウーハー其の後

当店スピーカーをたった1日でWウーハー状態を作り出して何とか騙し騙し
で鳴らし続け1週間後に大幅な再調整を敢行・・・バテタ!! 疲れました
設置台に載せるのは友人と二人の作業だったが調整の移動その他は己1人

特にしんどかったのはユニットとボックスのマッチングが悪いのを解消する
為にボックスを移動してユニットを入れ替える作業をした、全くの肉体労働
で筋トレ的な按配に成った、全身からこぼれる汗と呻き声が深夜におよんだ

Wウーハー1

2週に亘った肉体労働の後遺症で其の後1週間は脱力感と倦怠感でボ~っと
してた、出た音は変化が激しくて大雑把な調整しかせづに今日まで来たけど
此処2~3日で少し音が落ち着いて来たのでいろいろ小技を駆使して調整さ

Wウーハー2

R・シャイー指揮、M・G・ヴェルディSo演奏 G・ロッシーニ集
CDの冒頭から金管が実に雄大に全奏する、いや~気持ちがいい~・・・!!
多少の問題は吹っ飛ぶ勢いでスピーカーが唸る、狙いが当たって納得の再生
更に嬉しいのはppのハーモニーが綺麗に響く・・・音は小さいが力強い

Wウーハー3

H・カラヤン指揮、ベルリンPo L・ベートーベン序曲集
此れはいかん・・・全くバランスの崩れた再生に成ってしまった元の1パツ
の時は絶妙のバランスでコントラバスが響いていたが2ハツに成ると強調し
過ぎ、ベルリンPoの低弦は実に力強いがやはり増強し過ぎは音楽に成らん

Wウーハー5

ハービー・ハンコック・・・「 ヘッド・ハンターズ 」からカメレオン
気楽に最後のお試しコース、ボリュームを上げてグワ~っと再生してみた
此のCDは重低音は入ってないけど中低域は充実した音作りで結構好きだな
・・・うん・・・旨く鳴ってる! ドラムが良く成った・・・満足っす・・・

Wウーハー4

全体的にはほぼ狙い通りの音に成る予感がする、大きな可能性を感じてます
・・・ゆっくりと時間をかけて音の調整作業を堪能する心算です・・・

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード