・ 工業デザイン

少し前に小音量で楽しむ為に組んだシステムの中心だったGASのテドラに
不調を感じたので早速何時もの永山で営業している修理屋さん(H電子)に
持って行った、こんな感じなんだな~的な適当さで修理依頼を伝えて来たさ

此の修理屋さんは実に巧く治してくれる、全く回路図その他の資料が無い中
でも可也詳しく問題箇所を把握して説明してくれるので大いに信頼している
私はオリジナル部品に拘る余り動作の不確実な古いパーツを使うよりも新品

を使い電子回路が設計通りに安定した動作をする事の方が重要と考えている
ので何時も修理内容の説明を聞いてパーツの話しに成ると任せる事にしてる
今回も電源部のコンデンサーが大半は交換必要、更には困った事に出力回路

に入るリレーが動作不良でした、此れが同じものが入手出来ないし仮に入手
可能で有っても古すぎて動作に信頼性が持てないと考えて対策を任せると何
と現代の代換パーツを裏技を使って使える様にしてくれた・・・感謝します!

早速受け取ってサブシステム・・・SPはランサー101、パワーアンプは
WE300B(91型に似た物で前段もWEの球が二段に成ってる奴)CD
は携帯型プレーヤー、に繋いで鳴らしたら・・・まあ~ほんと~にいい音で

ビックリするやら感心するやらで凄く嬉しくなってしまった、やはり確実な
動作が音を良くする(但し元々音の良い奴の場合だけどね)と実感したね!

GAS社、テドラ
今は無き米国GAS社の名作プリアンプ「テドラ」実に良い風貌と言うか面
構えだ、ニョキッと突き出たツマミ類そして黒地に白の細いラインが繊細さ
と大胆さと云う相反する事柄を包含して伝える・・・正に音楽の様な感じだ

コイツが世に出た当時関西で真空管アンプを作っているオーディオ評論家は
此のデザインはまるで自作アンプの様だと雑誌で酷評してたけど自分の作っ
てるアンプはパーツの配置だけで出来た製品と感じさせる物ばかりでとても

デザインした等と言える代物では無い様に感じるがどうだろう・・・?
どうです~・・・此の左斜め上から見下ろす面構えが野武士の様で最高です

プリ1

マランツ社、#7
プリアンプのデザインで此れをヤラレタら困るよね~的まとまりの良い配置
ツマミ類の大きさといいパネルの配色といい全く隙が無い、しかし飽きるな
まあ1960年代にこんな物が出てきたら降参するしかないですよね、全く

プリ2

マッキントッシュ社、C29
マランツのシンプルデザインを見事に凌駕したデザインだと思う、実に巧妙
に見る物を惹きつける配色・・・コヤツは配色の質感でマランツに勝ったな
未だに同社製品で此れを超えるデザインは出てないと思っている、傑作かな

プリ3

JBL社、SG520
未だに自分の物に出来なかった物、手元で触り操作して音を出して見て初め
て好き嫌い良し悪しの判断が出来ると言うのにコヤツは見てばかりだった
過去に何回か遭遇したが購入には至らなかった、本当に縁遠い奴なのかもね

正にバウハウスから出て来た様なデザインで私好み100% 面構えは素晴
らしい・・・今後も購入は無いと思うが気がかりな代物ですな

プリ5

マーク・レビンソン社、#380SL
現在最も信頼している奴です、長時間聴いていても音の変化量が少なく表現
に変りがない、特に木管楽器の音色表現が素晴らしいプリは此れで十分です
無い物ねだり・・・此れにトーンコントロールが付けばパーフェクトなんだけど

プリ4
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ 再生音楽の低音域

昨日何時も月曜日に来てくれるオーディオマニアの御客さん(オールホーン
3ウエイマルチアンプを使ってる人)と聴力検査をした話をしていて思い出
しました聴力感度は平坦でない事、其の事を聞くとやはり本人も測定してみ

て気が付いたみたい、人は其々に聴覚の感度が違うので再生の周波数特性
が平坦と云う事は参考程度で余り音楽再生の絶対条件にはならないと思うな
更には音楽信号は時間と共に変化するので平坦な周波数特性がウンヌン等と

力説を聞いても、ハイハイ解りましたぐらいの反応しか出来ないんですよね
大体音は信号を脳味噌が知覚するのだから百人百様で同じ人の方が珍しい
と云うかいないと思う、だけど再生された音楽の感慨は人と話す事でより広

い世界を知る事が出来る様に思っているので音楽観を持つ事は大変意味深い
私の場合はほぼ平坦に近いけれど3000Hz位に深く感度が低下する部分が
あるけど再生装置の周波数バランスは全くの個人的聴感に従って調整してる

強いピークやディップを無くせば、そして外部共振などを無くせば殆どOK
と思う、ただスピーカーや再生ソフトに意識的に低域や高域を持ち上げて其
の過ぎた処を急激にレベル低下させてる商品もある、此れは聴きずらいです

其処の処シベリウスの交響曲を聴く事が多くなった、なにも寒くなったから
ではないのだよスピーカーの低域を増強した事と関係がある様に思うのです
今までは1番~3番位を多く聴いていた、平均的に楽器の高音を多用してる

4番以降はコントラバスの音を複雑にそして強くしている、楽譜は見ていな
いけれど其処の処が特にWウーハー化で良く感じるんですよ、特に4番の魅
力を再認識出来て凄く得した気分なんだよね、特に4番は最近結構聴いてる

結構昔に買ったと思う、余り聴いてなかったかも・・・少し音が硬く感じて
たからかな、今回Wウーハー化した処此の硬く感じてた音が音の明瞭度に作
用して可也自分的には良く聴こえてる・・・お気に入り入閣ですな・・・!

J・バルビローリ指揮、ハレ管弦楽団 演奏 シベリウス交響曲全集

シベ2

此れも昔に購入した物、と言っても新品ではなくて中古盤での購入なんだ
此の盤でコリン・デェービスを好きに成ったと思う、ボストンSoの渋い
響きがJBLのウーハーを使っていた購入当時は良く解らなかったけどね

C・デェービス指揮、ボストン交響楽団 演奏 シベリウス交響曲全集

シベ1

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ ニアフィールドのオーディオ

小さい音で音楽を聴くのに小型のシスコンを使えば簡単に済む事なんだけれ
ど自分流と云うか自身の好みが優先する生活なのでやはりニアフィールドと
言えども少し拘ってオーディオ装置を組み合わせてみた、先ずはアンプだな

インティグレードタイプは持ってない・・・しかしやたらと出力の大きい此の
プリアンプが有るではないか、GASのティアドラ様です此の造形が好きで
更に好きなアンプジラ様と共に並べて眺めて楽しんでいたけど出番が来たよ

スピーカーはリチャード・アレンのNG8の8Ω型を裸で使いたいので色々考
えた結果ブックエンドに抱かせる事にした、スピーカーを単体剥き出しで鳴
らすと小さい音で有れば余計な音が出ず素直で聴きやすく疲れないんだよね

音源は勿論CDですね、携帯型のプレーヤーが気軽に使えて良い按配ですな

NF1

しかし好く見るとあんまりスマートなオーディオ装置とは言えんよな~・・・
自分の趣向が結構今風では無い事を自覚していた心算だったけれど再認識だ

NF2

ブックエンドに縛られたリチャード・アレンのスピーカー、不満そうだな!

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード