FC2ブログ

・ 再度の休日案内

・・・年末年始の休日案内・・・

年内は12月 30日・31日が休日

年始は 1月1日が休日・・・2日より通常営業


尚、1月 4日(水曜日)は営業します
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ 休日の案内と 「 魔法使いの弟子 」

・・・年末年始は12月30日・31日其れから1月1日は休みます・・・
来年1月2日から平常営業です、毎週水曜日は休日ですが祝日水曜日は営業
しています


P・デュカスが作曲した「 魔法使いの弟子 」を聴いてみた
昔此の曲を知った頃は魔法使いの弟子になるのも良いもんだなあと思ってい
たが月日が過ぎた昨今は 小悪魔の執事 が良いと時々思う様に成ってきたが
音楽好きの諸兄は如何ですかな・・・?

さて此の名曲の魅力はやはりディズニーの漫画が強くイメージとして残って
いる、私も最初に此の曲を知ったのはテレビで見聴きした米国製漫画だった
様に思う・・・未だテレビに色はなく白と黒の濃淡だけの世界だった・・・

DUK1

E・アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団演奏のレコードでドイツ盤
です、全体にコンサートホールの響きを意識した音作りで非常にまとまりが
良く聴きやすい、多分他の盤と比較しないと此れで満足なのかもしれないが

私はオーディオカフェの主なので魅力を感じた音楽は1枚の音盤で済ますと
云う事な無いのであります、更には時々我が店に出没する「北の盤鬼殿」と
呼んでいるH氏などは隙を見せるとすぐさまチェックされるので1枚では?

多分比較的小型のオーディオ装置で余り音量を上げない聴き方を意識した音
作りだと思う、チェロ等の中低音域を厚くしてその下の音域を少しずつ減衰
させて低音のレベルを低くしてる

其の為に此の曲の肝とも言えるコントラファゴットが出す低音の不可思議な
魅力が乏しい、此の2枚リードで出す低音は本当に魅力的なんだが残念だね
大体フランス音楽は木管楽器、特にリード楽器の音色が一つの肝なんだと考

えているんだが、オーボエ、イングリッシュホルン(今はコールアングレ?)
ファゴット(フランスはバッソンか)クラリネットやバスクラリネット更に
コントラバスクラリネット(コイツはリードのビビリ音が独特だ)などなど

そして此の曲で活躍するコントラファゴットの2枚リードが出す深い低音
(2枚リードが魅力的だからフランス人は2枚舌が好きとは言ってないよ!)

DUK2

此れはE・アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団演奏のイギリス盤
非常に面白い音作りで各木管楽器をクリアーに聴かせる為に中高音域の音圧
レベルを少し上げている為に小音量だと蓄音機の延長線上の音に聴こえる

昨日来店したお客に此れ等のレコードを聴いて貰ったらイギリス盤が出す音
はディズニー漫画を思い出すと言った、ヤハリ英国はフランス音楽の肝を知
っていると思う、しかし此の蓄音機をイメージする盤を大音量で鳴らすと正

に眼前にオーケストラが出現する、特に低音の音形がしっかりしていて曲の
中間部分にコントラファゴットがソロの様にジャン~・・・タラ~ラと繰り
返す部分に大太鼓(グランカッサ?)がドス~ンと弱く鳴らすのだが、此の

大太鼓とコントラファゴットのハーモニーが鮮明に聴けるのは英国盤の方だ
写真でしか見た事ないけどスイス・ロマンドの大太鼓は本当に大きくて凄い
多分ffで叩くとドスーンと会場中が震えたと思うが来日時に生で聴いた人
はどうでしたか・・・

こうゆう打楽器等の倍音が少なく基音中心の楽器は低域をしっかり出す様に
オーディオ装置を調整しないと魔法使いの弟子の様なミステリアスで微妙な
低音のハーモニーが聴き取りにくく楽しみが半減してしまう様に思いますね

DUK4

久し振りに此の盤を聴いたらオケの凄腕にビックリした、G・プレートルの
小品はとても洒落てて魅力的・・・昨年のマーラー盤は私的には買って後悔
した思いがある

大阪万博年だったかな?・・・来日時はパリ管と来てたね、S・ボドと交互
に指揮してた様に記憶してる
常任は帝王カラヤンだったけど彼はベルリンPoに付っきりの様だったかな

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ 私の宝物・・・!!

五味康祐と云う小説家が超オーディオマニアだと知ったのはいつ頃だったの
だろうと思い返してみたがどうもはっきりしない、中学生&高校生時代は親
が寝静まった時間に秘かに静かにこっそりとテレビのスイッチを入れて見た

11PMと云う番組にたまに出てマージャン話しや四方山話し等を語ってい
た、鮮明に覚えているのが囲炉裏の灰を火箸で弄りながらモゴモゴと話して
いた髭面のオヤジと云う事ぐらいかな・・・其の時の内容は記憶にはないが

社会人に成ってステレオサウンドと云う本を買って初めて此の小説家が超の
付くオーディオマニアだと知った様に思う、数年してオーディオ巡礼と云う
本を本屋に注文して買った・・・買った当時は余り内容を理解出来なかった様

に思う、多分当時私はジャズに夢中で(特にフリージャズ)クラシック音楽
の深い部分を知ろうとしてなかったと思うし解りもしなかったと思っている
当時クラシック音楽でもバルトークやシェーンベルグとかに興味が行ったな

70年代の終わり頃には自分の好きなジャズが出現しなくなって急激に興味
を無くし更にオーディオも予算的に停滞していたな、クラシック音楽も帝王
カラヤンの全盛期(一般的には)で出るレコードは評論家達が賞賛し評論を

超えたと書いた人もいた、しかし自分は当時何度か聴いたが良さが解らない
特にベートーベン物は私には無理、まあリストの前奏曲なんかは良かった様
に当時は感じてた・・・80年代のCD時代に成って長時間物のマーラーや

ブルックナーが出だすと俄然クラシック音楽が面白く感じた、特にバーン・
スタインのマーラー全集には嵌った、旧盤が出た頃はレコード評論家が書く
試聴記を読んでマーラー作品は聴かなくても良いのだと思う程の酷評だった

此の頃から再びオーディオ熱が過熱しはじめたが予算は無く何時もの工夫と
云う技に終止しながらの日々( 多分真空管3ウエイマルチ?と思うんだが )
オーディオ巡礼を読み返し、小林秀雄との対談テープをよく聴いた様に思う

五味氏が著作の中で昔は再生装置が貧弱な為に室内楽等の小品が好まれたが
此れからは再生装置が良く成る程に大曲が聴かれると思うと書いていたのを
読んで、そんな物かと思っていたら何時の間にか自分の装置がブルックナー

やマーラーのホルン8本を感じたい為に肥大化していた、全く罪な本ですな
と言い訳がましく書いているが実は内心非常に嬉しい、五味氏万歳である!

私の宝物が此れ

初めて聴いた時、シワガレ声のオヤジ達に録音の下手さで閉口した記憶だが
会話の内容は深く特に小林氏の「きみ~生音なんて無いんだよ」には考えさ
せられたな
gomi1

此の本を買うか岩崎千明氏の「オーディオ咆哮」を買うかで可也迷ったんだ
どちらも素晴らしい本だが、此の本を読んでから以前に増してオーディオ装
置が出す音の質に拘る様に成った、特に五味氏得意の弦楽器論には参った
我が装置は弦楽器音では悪名高きJBLの375&075だからね・・・
gomi3

札幌の古本屋で見つけた、其の時は可也興奮した様に思うが余り記憶に無い
帰宅してじっくりと読むと次から次から音楽が聴きたく成ったので困ったな
だって一度に聴けるのは一曲だけだからね
gomi4

東京に行くと神保町に行き此の本を探した、結構出会うまで時間が掛かった
直ぐに読みたくて・・・だけど慎重に隅々まで理解したくてホテルの部屋で
は眺めるに止めて帰路の飛行機の中で夢中に成って読んだ様に記憶してる
gomi2

此れは旭川の古本屋で見つけ即入手・・・が読む時間が取れなくて参ったよ
内容は部分的には深刻な箇所も有って簡単に手を出して読む事は少ないけど
gomi5

此れ等はネットオークションで入手、本の内容も既に入手した本と多少重複
してるが時々パラパラ捲って読むとヤハリ共感する処が多くて嬉しくなるね
gomi5

数年前に東京神田の神保町で発見、パラパラと中を見ていると五味氏の音楽
とオーディオ再生に持っていた愛情が伝わりヤッパリ買はずに居れなかった
gomi6

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード