FC2ブログ

・ 吹奏楽の力

泣く子もジッと耳を傾けると言う程素晴らしい帝王カラヤンとベルリンPo
の吹奏楽曲集(大して意味の無い曲の解説が残念ではあるが持っていたい)

水奏1

H・カラヤン指揮のベルリンフィルハーモニー管楽器団員による演奏とCDに
書き込みが有るが演奏楽団の編成については解説書を読んでも記述が無い
だいたいウイーンの古い行進曲の説明ばかり書いてあるんだが曲の由来何か

は余り重要では無いと思う、此のCDの重要さは演奏を聴くと泣く子も黙る
と言う天下のカラヤンが手兵ベルリンの管楽器奏者と特にどうと言う事も無
い伝統音楽を眼の覚める様な音と技術で真正面から取り組み演奏した事だと

思う、どうも日本のクラシック音楽関係者は吹奏楽演奏を何か一段レベルの
低い物の様に思い込んでいる様だが本当は余り良く知らないんじゃないのか
昨年の夏頃だったかテレビで国営放送のオーケストラ団員と称する吹奏楽団

の演奏を聴いた、ざっと見て60人前後の編成だった様に記憶してる、まあ
過不足なしの頭数でしたが演奏を聴いていたら5分で飽きた・・・
音楽がノッペリして変化が無い、まるで全員で教則本を練習しているみたい

何でこんなに下手糞なんだろうと思いつつ他のチャンネルに切り替えて数分
してチャンネルを元に戻したら何やら手拍子を打ちながらタラタラ演奏して
た、まるでチンドン屋だね・・・全く解ってないな・・・

ビシッと全力でクラシック音楽の名曲を演奏したら誰でも聴き入ると思う
安手な受け狙い根性が透けて見えたのでテレビのスイッチを切って酒を呑む
コンサートと言えば良く子供や素人には難しいよ何て聞くけどもう10年位

前だろうか札幌からPPMオーケストラが旭川に演奏しに来た事が有った
曲はマーラーの第9番、指揮者がB・ハイティンクだった・・・
知って直ぐチケットを買ったが真っ先に思ったのが大丈夫なのか~チケット

売れるんだろうか、客はちゃんと音楽を聴き続けれるんだろうか、何てね
指揮者のハイティンクはヤハリ素晴らしかった、聴きながら名演だと思った
そして会場全体が熱く聴き入っていた、小学生も爺ちゃんも婆ちゃんもだ

過去に何度か旭川で国内楽団の演奏を聴いているが全く退屈で周りを見ると
ヤハリ子供は退屈そうだし爺ちゃんは寝てるし婆ちゃんは世間話をヒソヒソ
演奏の質が違うと此処までなるのかと、名曲を名演する大切さを知らされた

え~・・・と 何だっけ・・・あ~ 吹奏楽だった
P・ブーレーズ指揮でウイーンフィル演奏、マーラー作曲の
リュッケルトの詩による五つの歌曲から「真夜中に」を聴いてみて欲しいな

水奏3

マーラーやブルックナーの作品を聴く時は管楽器に注目して欲しい、兎に角
木管も金管も見事に音楽を主導的に紡いでいく、弦楽器との対比が又素晴ら
しい、今マーラーの第9、4楽章を聴きながら書いている、もう泣きそうだ

伴奏が管楽器のみで弦は無い、ウイーンPoの管楽器奏者が此れまた凄腕だ
非常に透明な管楽器ならではのハーモニーを堪能出来るし、名曲の名演だね
あ~此の楽団でも管楽器奏者が総出演で吹奏楽演奏を録音してくれないかな

此れは帝王カラヤンの演奏でレコードっす、何曲かはCDに無い奴があって
嬉しいのとレコードの方が楽器の音にリアリティーが有るのでヤハリ必要さ

水奏2
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ R・ワーグナーの音彩

3日に鎌倉在住の方(H氏)が来店してくれた、何でも札幌に用事があって
の来道との事だけれどもわざわざ電車に乗って旭川まで足を延ばしてくれる
とは・・・何と云う事でしょう・・・

まあ来旭の動機は他にもあっての事と思うけれど、ついでにでも我が店に来
てくれて大変嬉しかったですね
因みにエスコートは盤鬼氏と音姫嬢の二人、久々に濃い面々が揃った感じだ

う~ん・・・万全の布陣で来なすったな・・・
H氏はコンサートを主に音楽を楽しまれているとの事、鎌倉と云うエリアも
比較的良い環境だと思うし正にジェラシー物と云う感じですか

ラトル・ベルリンPoも聴いているらしいので色々コンサートホールで響く
楽器音について話しをしたかったのだが時間が足りなかった、非常に残念!
音楽ファンの人でも楽器の音に関心を持つ人が少ない事に改めて驚かされる

最近のコンサートは殆どがPAを使っているので実際の楽器の音を認知出き
るのは非常に限られた場面になってしまったのも一因かな、特にオーディオ
雑誌含めたメディアには楽器の音で感動した記事が余りに少ないと感じてる

実楽器のリアリティを感じない再生音、優先されるのは「気持ち良い音」だ
耳はマイクとアンプの機能を持ち脳に信号で音を伝える、脳は伝わった信号
を音として知覚する、其の時楽器音を認知してない脳は楽器の音と他の音と

の識別は出来ない・・・こんな感じですかね
主旋律とリズムが中心に鳴る圧縮再生音楽が違和感無く受け入れられるのは
どうも此の辺が要因なのではないかと推察しています

旋律の断片を各種の楽器で受け渡ししながら進行して行くマーラーの音楽は
多くの異種楽器音が重なる多彩なハーモニーを感じさせる素晴らしい世界で
すが、再生音楽では装置に其の表現の深さが左右される事になる様に思う

此れを云うと必ず生のコンサートが一番さ~・・・と云う人が現れる・・・
音楽は演奏団体の技量や会場の環境で酷く影響される、生か再生かは別次
元の物、面白いのはコンサート会場の音の悪さ特に共振や共鳴、明瞭度を

欠いたホールの音やノイズの大きさ等に文句を云う人は余りいないけれども
再生装置には遠慮なく文句を云う人が多い、此れは音楽を聴く側の音に対す
る一貫性の無さと再生装置の環境不備や未調整に因る事のほかに「気持ち良

い音」と云う観念的な事柄を優先し過ぎるからではないかとタラタラ考えな
がらH氏に再生希望の曲を聞いてみるとワーグナーのマイスタージンガー
前奏曲との答え・・・さてどれにするか・・・う~む、参ったな~・・・

フルトヴェングラー、ワルター、シノーボリ、クナッパーツブッシュ、セル
シューリヒト、パレー、チェリビダッケ・・・う~ 決められない!
あっ・・・盤鬼氏がいるではないか彼の大好きなクレンペラーにするが一番

と云う事でO・クレンペラー指揮の米国盤だ

RW

追伸・・・昨日オペラ大好きオーディオマニアの客とフルトヴェングラー限
定盤レコードに収録されているトリスタンとイゾルデ2曲を聴いて仰け反っ
てしまいました、客は此れ本当に1954年録音かと呆れ顔で聴き入ってた

恐るべし・・・未だに我々が知らない御宝が眠っているのか・・・参りました

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ 新年の御挨拶・・・!

    ・・・新年の御挨拶を申し上げます・・・

オーディオカフェ「我風」のブログにアクセスしてくれた
「 音楽ファン&オーディオ愛好家 」 の方々が迎える
今年が良い年で有る事を祈念しております !




「 W・フルトヴェングラーのレコード集 」
NY

ドイツ放送協会秘蔵のオリジナルテープよりドイツで製作されたレコードと
の触れ込みに魅入られてしまった、過去のオリジナル盤も素晴らしいが現今
の再生装置には此方の方がやはり合うと思う、今の状況から仕方無いが限定
発売と云う最も愛好家を深く悩ませる事になる高額な代物である・・・

私の願いがミューズの心を動かしたのか偶然が重なり何とか入手出来た・・・
正に音楽ファンの宝だと思う、機会が有れば是非此のレコードに記録された
ベートーベンを聴いて欲しい、ブルックナーをシューベルトを聴いてくれ!
此れが切っ掛けでレコードによるオリジナル音源ブームが来るのを期待する

( 秘話・・・うんうん唸って考えてやっと買うと云う答えを出して入手
した、到着の日に真っ先に聴いたのがベートーベンの第五・・・1954
年の録音盤、鳥肌が立った・・・此の感動は入手の苦労も有り暫く自分1人
で堪能しよう、皆には正月に此れはド~ヨ!なんてやる予定でいたが恐るべ
しは北の盤鬼と呼ぶH氏だ、何時もは来ない時間に来たではないか・・・
最もバレナイ様に警戒していた人物である、恐るべし盤鬼の嗅覚!!! )

オーディオカフェ「我風」 店主

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード