・ もう一組のオーディオ装置

オーディオ装置と云う奴にも鳴り出すまでに物語が出来上がる・・・

サブ2

先ずはレコードプレーヤーなのだがパイオニア製のベルトドライブ式ですよ
取り得はオートリターンが付いている事、此の機能が欲しかったので十数年
前にリサイクルショップで¥500で購入した いわいるジャンク品なのだ

購入後内部をバラしてグリスアップ&オイル注入したら結構使えるので満足
流石にベルトは寿命間近の状態だったのでトーキューハンズで1本購入した
針は独エラックのD455Eだ、昔数千円で買った気がするが詳細は忘れた

次はCDプレーヤーである、コヤツもジャンク商品を数千円で買った・・・
何時もの如く裏蓋を外し内部を検証したらメカ部分は結構凄い作りに成って
たがトレイの出し入れ機能のゴムベルトがヘタってた、其のまま動作させた

らベルトが空周りでトレイが出て来なかった、なんやかんや弄って見たけど
簡単には改善出来そうにないので放置・・・此れで下手な考えも出てくるさ
三日間考えた結果EMTのCDPの真似をすれば良いと結論を出しトレイ全

面に穴を明けて取っ手を取り付け万事解決・・・動作中も強引に引き出しOK
アンプだが少しドラマが有った、当店に時々来てくれる音楽好きの女性があ
る時来店早々アンプが壊れれ音楽が聴けないんです~・・・などと泣きを入

れて来た、何だか厄介そうであると直感したので私は話しを上の空で聞く事
にしたが少し気の毒な気もしたので知り合いに只で貰えるアンプが有るか聞
いて見ようかと提案したら御願いします助かりますとの答えが返ってきた

数日後に可能性がある会社の社長が来たので件の話をしたら狙い通り有るよ
との返事、数日後アンプが届いたので早速通電したら少しのガリと切替SW
の不調が有った、何時通りケースを明け部品を修正したら何とか使える様だ

またまた数日後件の女性が来店したのでアンプはどうなりました?と話すと
いや~貰いました~っと元気な返事・・・そうです女性は何時も二股なのだと
云う事を私はすっかり忘れてしまっていたのです・・・

今更社長に返すのも何だしな~ と行き場を失ったアンプは可哀想なので私
が面倒みる事に決定し画像の様に納まった訳です・・・メデタシメデタシ!
ニ週間程前の休日にリサイクルショップを覗いてみた、重点はジャンク物だ

CDプレーヤーを物色中に此のチューナーが眼に付いた、価格は¥1000
う~む・・・・・欲しくなってしまった!  
どおです サイズといい色合いといい巧く揃ったでしょう結構気に入ってる

オンキョーのアンプとヤマハのチューナーだけどBGM用だから良しとする
本を見たりパソコンの操作したり其の他作業のBGMには気軽に音だし出来
て便利だよ、友人に見せたらメインとサブの差は何なのかと呆れられた!!

サブ1

繋がっているスピーカーは山水製のSP-LE8T(JBLのLE8T入り)
何かの作業をしながら聞くBGM用にはまあ使えるけど音楽に聴き入る様な
聴き方だと少し物足りない・・・此れはスピーカーと云うより装置全体の事だ

此の装置では好きなマーラーやブルックナーを聴き入ると何かが足りない
自分が欲しているものが聴こえて来ない物足りなさやもどかしさを感じてし
まう・・・ヤハリ適任はBGM用かな・・・
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ ブルックナーの音楽を感じた!

どおも雨の日や曇りの日は調子が悪い・・・
此れは若い時からなので何を今更と云う気もするが不調なのだから仕方ない
昔は馴染みのジャズ喫茶に早々と逃げ込んで珈琲一杯でグダグダと粘った

今にして思うと珈琲もう一杯!なんて言ってりゃ~良かった様にも考えるが
まあ毎日通っていたので良しとしよう・・・
久し振りの晴々した空に浮かれて自転車で何時ものコースを走ったが休んだ

影響か可也キツイので早々と退散である、途中に見上げた空に月が出ていた
時間は午前10時位なのだ、左方向に太陽が強烈な光で存在を主張してる時
静か右上空に姿を見せていた・・・何やら秘めた力を感じさせる佇まいである

月

自転車を止めて荷台に腰掛けて眺めていたら突然頭の中で音楽が鳴り出した!
A・ブルックナーの交響曲第九番の第一楽章最終部・・・其れまでの奏でられた
混沌とした音が一つに成る様な響きの中から空に突き抜けてゆくかの如く鳴

り響くトランペットの音!!・・・此の音でなければならぬと私は言いたい・・・
此の響きならではの意味、トランペットの音なら何でも良い訳ではないはず
混沌の響きから唯一抜き出た此のトランペットの音に重要な意味を感じる

此のペットを鳴らすか鳴らさないかで第二や第三楽章の表現が変って感じる
てな事を何時も感じながら聴いていたら何だかレコードが結構溜まってきた
A・ブルックナー作曲、交響曲 第九番 ニ短調
C・シューリヒト指揮、ウイーンフィル演奏の名盤なのだがオリジでは無い

イギリス盤
BURU1

BURU2

ドイツ盤
BURU3

BURU7

日本盤
BURU5

BURU6

オーストラリア盤?
BURU8

アメリカ盤
BURU4

何だかね!!・・・同じ演奏家で同じ曲のレコードを此の様に持つに至った
のは先に書いたトランペットに聴かれる様な音で表現する意味を感じたい為
いわいるハーモニーの音色が盤によって違うから多くを味わいたくてなんだ

イギリスのオリジナル盤は1枚10万位の値段が付くので私には買えないし
もし買える金が有ったら1万の盤を10枚買う、だけど千円盤を百枚買う事
はしないと思うがどうかな・・・

此の盤の演奏は長く音楽の財産として残って行くと思う、あのフルヴェンの
第九と共に語り継がれて行く歴史的名曲の名演だよね・・・
今でも実演が一番良くて音盤は劣る物の様な話しを聞くけど残念ながらもう

こんな素晴らしい演奏は出来ないだろうし聴く機会もないと思う、今残され
た此れ等の音盤には現代では聴けない音楽表現が満ち溢れていると感じる
楽器も変ったし収録機材も変った、何もかもがデジタルの時代になったのだ

音楽の歴史に刻まれる名曲名演は残された音盤からしか聴く事が出来ないの
です、良く整備されたオーディオ装置だからこそ表現できる世界が有ると
知って欲しい
(フルヴェンが言った・・・もうロマンの時代は終わった、此れからは科学
の時代だ・・・)

何時か此れ等の音盤の比較試聴記なんぞを書こうと思っていたがオリジ盤を
未だに聴いて無いので何かが引っかかる、どうも実現は可也先に成りそうだ

最近発売された第四楽章付きなんて妖しい盤は別にして三楽章の後に続けて
テ・デウムを聴くのは可也面白い、但し相性を試さないといけないから結構
時間がかかる・・・聴き終えると成る程と納得する感慨が有りますよ・・・

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ 聴く音楽でオーディオ装置は変るかも?

オーディオ装置は面白いもので1人で聴いている時は自分の再生装置が可也
上等な再生音楽を鳴らしている様に感じられて・・・我が装置も結構良いな
なんて秘かに思ってしまう、多分無意識に良く鳴る音盤をチョイスしている

此れが他人と一緒に聴く時とか過去に余り聴いてない音盤なんぞを聴く時は
何故かあれ~何なんだ~・・・的な聴こえ方をする時が頻発してしまうんだな
聴く人の態度にオーディオ装置は敏感に反応する(粗探し好き人には特にだ)

当初開店時には此れで良いと思った装置も毎日聴いていると結構ボロを出す
HPにある画像が当初の物だが装置も音も可也変化しているので少し説明を
する事にした、変る要因はマーラーやブルックナーのホルン8本の響きです

オーケストラの楽器は皆必要な音だから編成に加わっているのだが・・・
(当然だ!と云う前に其の楽器が再生装置から聴こえてくるか再聴してね)
実演では渾然一体の音になると云う人がいる、昔オーディオ雑誌の試聴記に

日本では世界的指揮者として有名な人が・・・音楽家は音を混ぜ様と努力す
るがオーディオマニアは音を分離しようとする・・・と語った記事を読んで
何だ此の人は?ワグナーやマーラーを聴いてないのか何て思ったもんですな

此の指揮者は音をどう混ぜると考えていたのかな、例えば水彩画の様な色彩
の連続変化なのか点描画の様な細密では有るが拡大するとビーズ球の様に
混ざらず個々を主張する色彩なのか?ワグナーやマーラーは後者の様に聴く

オーディオ再生装置にも同じ様な事が言えると思っている、特にクラシック
音楽を再生する時には個々の楽器をどの様に感じたいのかが調整の肝に思う
それと再生音の有り方なのだが魚をペットとして飼う場合を想像して欲しい

初めは金魚鉢かな・・・室内の小さな金魚鉢に魚を入れて鑑賞してる・・・
魚の泳ぐ姿に結構満足するが飼える魚の種類が限られるので少し不満がでる
(此処ら辺りがMP3やパソコンで音楽を聴く感じかな)

更にリアルに魚を感じたくて大きな水槽にエアーポンプや水草をいれてより
自然さを感じられる環境に魚を放して鑑賞する、魚が活き活きして来た感じ
(此処ら辺がミニコンボやシスコンで音楽鑑賞する状況ではないかな)

更なる自然を感じたくて庭に池を作りだす、周りに草木を配置し擬似自然の
環境を作り魚を放す・・・どおも養殖池にも似た環境に成ったかな・・・
此の辺りから創作の意味などを自問したりもするが留まる事は出来ないんだ
(此処ら辺りからオーディオマニアと云われる人種が出現するのだと思う)

他人はそんなに自然が良いなら天然の湖沼に行けば?と云うが違うのである
ベストなパフォーマンスを何時も感じたいなら人の英知は必要なので有りま
す、人に深い感動を湧き起させるのは人が作り上げて来たものが最強と思う
(此処まで来ると真のオーディオ音楽家と言っても良いのだと思っている)

特に音楽の質を感じたい時は高揚する感情は別としたら実演より音盤が良い
嫌な演奏中のカランコロン音や周りの雑音更に無神経で粗雑なブラボー拍手
音楽を聴いて満ち足りた感情を大切にしたい時は静かに音盤を聴くのが良い

私はオーディオ再生装置でオーケストラのホルン8本を感じたくて増強を重
ね下記の様に成ってしまったのであります(私的には全く当然の正常進化)

CDプレーヤー、Mレビンソン・№390SL&スチューダー・D730
LPプレーヤー、EMT・930st+XSD15+ルミエール1
          ガラード・#401+オルトフォン・SPUーA
          リン・LP-12+シュアー・V-15Ⅲ
          トランスクリプタ・スケルトン+スタントン681EE

mo1
mo4
mo3

アンプ群
バランス系統、 Mレビンソン・№380SL⇒№26SL⇒№331L
              +SAE・2600(スーパーウーハー用)
此の№380SLを通して№26SLから出てくる音楽信号は素晴らしい音
楽です、相互の弱点をに補強して見事に鳴る(出来る人は試してみて欲しい)

アンバランス系統、 Mレビンソン・№26SL⇒№331L
              +SAE・2600(スーパーウーハー用)

mo2

スピーカー、  超低音・ボーズキャノンシステム
          低音・アルテック828x4+515Bx4
          中音・JBL375+HL90
          高音・JBL075+077

mo5

こんな感じに成ってしまったのですがブルックナーの交響曲第4番の冒頭に
流れるホルンの響きには聴く度に納得しています、特に最近買ったCDで聴
いたシノーボリ指揮シュターツカペレ・ドレスデンの音には参りました・・・!!

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード