・ 音盤制作の録音

最近特に気になる様に成って来たのが再生する音盤、まあ大体はCDかLP
なのだが特にオーケストラの音に疑問を感んじてしまう事が多いんだね
簡単に云うと要するに録音時の楽器編成と人数が実際のライブ演奏などより

はるかに少ないのではないかと云う事なんだけどね、実際の演奏編成を記述
したライナーノート等は稀で殆どが演奏の曲紹介や逸話程度の当たり障りの
無い物・・・ジャケには立派ななフル編成の画像が張り付いて凄みを出してる

音盤を購入し此のオーケストラの此の編成ではどんな音がするのか期待一杯
で神妙に再生してみると何だか妙に小作りな音響に出くわす事がままある
そんなこんなを繰り返して自分の再生装置に疑問を抱く様に成ってくるのだ

もっと充実した響きを出している筈、もっと広がりある響きの筈、此の人数
による演奏ならもっとダイナミックな音響に成る筈、なんて考えてアンプを
換えたりスピーカーを換えたり・・・すぐ再生機器を換える事を考えてしまう

だけどフルトヴェングラーのライブ音源なんかの迫力や充実した音の厚みを
聴くと立派にフル編成のオーケストラを感じるので再生機器系よりも音源系
の特徴かな、古い録音でもスケール感は聴けるので後は多分演奏人数だろう

てな事を考えながらソロ楽器が多いチャイコの「胡桃割り人形」を聴いた
E・アンセルメ指揮、スイス・ロマンド管弦楽団演奏・・・LP復刻盤
チャイコ1
演奏は語り尽された感の名盤、来日時のテレビ放送を見てメチャ大きな太鼓
が強烈な印象だ・・・音盤にも此の強烈な大太鼓の音は入っていて楽しめる
が音盤の弦楽器は人数が少ない感じ、全体でも50~60人位に聴こえるな

Hv・カラヤン指揮、ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏・LP英盤
オリジナル英デッカ盤はオーディオマニアにも大人気だよね・・・
チャイコ2
此れも超有名盤だ、オケがウイーンなので少しは可憐な響きもするけど全体
的にはシンフォニックな音響でドラマチックに進行するので退屈しないかも
弦楽器が多少増えた感じで60人を超える位ではないかな~・・・

H・クナッパーツブッシュ指揮、ウイーン・フィルハーモニー管弦楽団演奏
オリジ盤はオーディオマニアにも人気だが此の国内盤は不人気らしい・・・
チャイコ3
カラヤン盤と同じウイーンPoと思えない程に情緒タップリに歌いしなやか
に演奏が進行する、ffでも煩くならずに優雅に余裕を感じさせて聴かせる
今の処私の最も好きな「胡桃割り人形」なのです・・・50人超位な響き感

F・ライナー指揮、シカゴ交響楽団演奏・有名な米RCA盤の犬影の影なし
犬影盤はアナログマニア必携の盤でしょうか、私は余り拘りは無い方ですが
チャイコ4
演奏内容は此れも語り尽されたものでしょう、当時の米国スタイルと云うか
スピーディーに音楽が進行し情緒的なものよりもメリハリ利かせポッポス感
が充満した演奏に聴こえる・・・此れもカラヤン盤と同じく60人超な感じ

Y・ムラビンスキー指揮、レニングラードPo演奏の来日公演のライブ盤と
V・ゲルギエフ指揮、キーロフオーケストラ演奏の盤
チャイコ5
どちらもロシアの楽団ではあるが性格は全く違う(社会体制が違ったからね)
レニングラード盤は流石にオーケストラの人数が違う・・・聴くと直ぐ解る!
キーロフオーケストラ盤はやはり50人~60人に聴こえてくる

音楽好きな人が音盤をどの様に聴こうと自由勝手である、聴き方に良し悪し
等は無いと思っているが私は演奏の全体像を掴みたいし聴いて感じたいです
音盤を聴いて感じた演奏家の人数はまあ此の位的な判断で根拠は無いですが
基本に考えたのは来日公演時の80人超位の規模を想定して聴きました
当店の再生装置を聴くポイントは指揮者の少し後ろ位な感じに調整してる
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ パソコンが不調に成った!

先週パソコンのマウスが思うように機能しなくなったのでアレヤコレヤ弄り
廻して何とかマウスは使える様に成ったのを機会にウイルス対策ソフトを更
新しようと御試しソフトを導入したら今度は矢鱈とPCの動作が重く成った

訳も解らず御試しソフトを削除したら今度はメディア・プレーヤーが不調だ
更にはブログ編集やブログ画像が見れない・・・困った事に成ったわい・・・
と思いながらヤフーからアクセスしていたのをグーグルからアクセスすると

何と云う事でしょう・・・何事もなく何時も通りにアクセス出来てしまった
まあ結果オーライでしょうか、考えても解らないので全ては結果次第です?
不調のメディア・プレーヤーはPCの達人が現れるまで封印と云う事にする

格安CDと云うのが有る、10枚入って¥2000弱で購入出来る物なんだが
買って聴いて見ると何か調子が悪い・・・別に過不足なく音は出るのだが過
去に聴いていたレコードやCDと楽器の音が違う・・・

自分で記憶している演奏家の音と違い過ぎて誰が演奏しているのか解らなく
なってしまう、困ったねどおも可也の範囲で音を加工している様に聴こえる
格安と云う事もあってついつい買ってしまうのだがメインの装置では音の

加工感を感じ過ぎるので専らベッドサイトの寝る間のチョイ聴き様に使って
る、スピーカーも10cm位の奴なので鳴ってれば良いと云う程度だ・・・
多分こんな聴き方様に考えられたのか、若しくは音源の出自を知られたくな

い為なのか、何れにしても演奏家の音と云う物が此れほど加工されたら演奏
家の表現は無力に成ってしまうのではないか・・・曲は演奏家の表現で命を
得て音楽に成ると思っていたのだが・・・買って聴く度に複雑な気持ちになる

安CD1

安CD2

安CD3

なんだかんだ言いながら此の次はどうかな何て思いながらついつい買ってし
まう、未発表音源なんて目にするとつい手が出てしまう・・・困ったものだ
昔の廉価盤や製盤国にも負けず劣らずの音がした物も有ったから仕方ないか

再生音楽と云うものを考える見識と美意識を持たないと自らが再生する音楽
がデパートの館内放送の様なものに成ってしまう怖さがオーディオ再生には
有ると思うが見事な見識と美意識で再生された音楽を聴くと時間が充実する

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

・ W・フルトヴェングラーの序曲コリオラン

オーディオ装置の最終調整に使う音源では可也古い物をしばしば聴く事があ
る、自作の糸ドライブレコードプレーヤーを調整した最後に使ったレコード
は何時もと云うかヤハリと云うか W・フルトヴェングラー のレコードです

私は古い音源でも音楽を感じて聴く事が出来ないと不満ですが此の事は私の
聴き方なので他の人がどう反応するかは解らない、再生音楽を聴くと云う事
は過去の演奏を体験出来る事だが少しでも演奏のリアリティを感じてみたい

私が良く聴く音盤がフルトヴェングラーの残してくれた音源なのだが此れが
一筋縄ではいかない、特に第二次大戦中の音源は誰も再現出来ない程の演
奏で私には素通り出来ない音楽・・・少しでも良い条件で音楽を堪能したい!

序曲1
上は国内廉価盤です、最初に此奴のコリオランを聴いたのだが・・・
1951の年録音、W・フルトヴェングラー指揮、ウイーンフィル演奏

序曲2
上は英国廉価盤で同じ録音だがやはり此方の方が残響の感じが気持ち良い
が演奏の凄みが少し薄まる感じ、再生の音作りと演奏の関係は怖いですよね

今回は何気なく手にしたシューマンの交響曲・第一番(春)のレコードです
え~と・・・なになに あ~序曲コリオランが入っていたな~ 演奏時間的
には大変具合が宜しい、早速ターンテーブルにセットし針を下ろしてアンプ
のボリュウームを何時もより可也大きめに再生した処・・・ぶっ飛びました!

え~・・・ええ~・・・えええ~・・・へえ~・・・へええ~・・・スゲー!!
録音は古いしレコードは廉価盤だしまあ大したこた~ないとナメていたんだ
確かに古い音源だけど今回は低音をタイトながら明晰に鳴らす事を心がけた

せいかモヤモヤゴモゴモの音が少し抑えられて全体の迫力を出せる様になり
演奏の緊張感が飛んで来ました・・・凄い! ナメてた自分が恥かしいっす
そうなると更に序曲コリオランを探して聴きまくる事に成ってしまいました

序曲3
1943年の録音、W・フルトヴェングラー指揮、ベルリンフィル演奏
第二次大戦中の演奏記録ですね、不利な戦況の中で生きる確信が持てない
時奏者と聴衆が共有出来る音楽は少ないと思う・・ベートーベンは素晴しい

此の音盤のコリオランを聴いたら後に再生出来る音盤が無くなる程の激情だ
まるで己の廻りに空から鉄槌が降って来てズシッズシッと突き刺さる様な?
感覚を覚える程に衝撃的な序曲コリオランだと感じる・・・フルベンが凄い

多分此の様な音での音楽はレコードでないと味わう事が出来ないのかも知れ
ないと思う( 音楽好きなら中古盤は安いので見付けたら直ぐ買いましょう )

序曲4
1947年の録音、W・フルトヴェングラー指揮、ウイーンフィル演奏
CDですがヤハリと云うか音がレコードより迫力から綺麗な音響へ向ってる
多分時代の要求も配慮されているのかもしれないがフルベン節は健在ですね

色々な巨匠の演奏を聴きました、クレンペラー、カラヤン、コンビチュニー
バーンスタイン、スイートナー、等々、皆立派な演奏なのだが何か物足りな
く成ってしまったのは決して音の刺激や演奏状況だけでないだろうと思う
音楽を演奏表現する時の一途さや直向きな真剣さなのだと感じるが如何か?

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード