FC2ブログ

・ エレクトリック マイルス

アガルタの凱歌
M・D1

パンゲアの刻印
M・D2

やっと電線病から抜け出したと云うか電線問題は自分的に可成りの
成果を伴って収束を向かえたのであります・・・納得率85%ですかね
喜んで色々な音盤を聴いていたら今度は70年代以降のマイルスに

嵌ってしまった、特に先に挙げた画像の二つのアルバムであります
アガルタの凱歌とパンゲアの刻印・・・チョット気恥ずかしくなる位の
アルバム名でありますがまあアルバム名とはそう言うモノなんだね

昔此のアルバムが発売されるや否や速攻で買い求めて聴いたのだ
が全く面白くなかった、ガッカリであった・・・兎に角ウルサイのである
アルバムの解説には可能な限りの大音量で聴いてくれと書いてある

全く正直に近所の苦情にもヒタスラ耐えて聴き入ったのだがダメだ!
兎に角ウルサイのである、此の頃の再生装置に問題があったんだね
入口はダイレクトドライブモーターにシュアーのV15Ⅲとデノンの103

ラックスのプリアンプ CL-35に山水のチャンネルデヴァイダー
ラックスのパワーアンプ MB88x2、MQ80x2 の3ウエイ真空管
マルチアンプでスピーカーを鳴らしていたのだが肝心のスピーカーが

JBLのD-130、375に木製ホーン、075 と云う3ウエイ構成で
少し後にD-130から2220Aに変えたのだがウルサイのは大して
変わらないのだ・・・あ~因みに箱は230Lの自作BOXでありました

30m/m厚のラワン単板でパイプダクトのバスレフポートを取り付け
響きが良くと思いダクト長やら内部補強やらをトライ&エラーで調整
70年代中頃の自作オーディオマニアの典型だと思うのだが如何?

只当時流行っていたJAZZ喫茶でもウルサイのは同じ様な感じだった
実際にライブを体験した人に感想を聞いても音が大きくて何だか解ら
ないまま終わったと云った感想なので多分演奏会場も煩かったんだ

処がであります!・・・ピアノがカンカン鳴らない様にバランスを整えて
低音を40Hz位まで解像度を上げマイケル・ヘンダーソンのベース音
の音階が明快に解る位になると素晴らしく深淵で広大な音場空間が

再現されたのであります・・・全然煩くない・・・全くウルサくない・・・
やはりマイルスは素晴らしい、二つのアルバムのどちらかが良いと
云った話をよく聞くが再生音が良くなるとどちらも素晴らしい音楽だね

M・D3
最近 EMT930st に住処を与えたら気に入ったのか大変落ち着き
の有る気持ち良い音を奏でる様になったハード機器も住処が大事だ
スポンサーサイト

・ 年末年始の営業

・・・年末及び年始の営業・・・

12月29日より~1月3日まで休業します
通常営業は1月4日からです・・・
尚休業中に店営業希望がありましたら事前に連絡をくだされば
当方の都合にも因りますが出来るだけ対応したいと考えてます

      ・・・オーディオカフェ我風  店主・・・
プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード