FC2ブログ

・ 1万Hzが聴こえない様な?

いろいろと再生音を確認したくなって久し振りに再生装置のチェック用
音盤を聴いてみたら・・・なんと???1万HZが聴こえないのである!
つい数年まえまでは聴こえていたのであるが・・・ツイーターが故障か

何度か何時もの大昔に買ったオーディオテクニカのレコードで耳の調
子を確認していたら微かに聴こえてきたのであります・・しかし・・昔
の様な音量レベルではなく少々頼りない微小レベルでしか聴こえない
先ずはツイーターが壊れてない事に感謝しながら仕方ないと諦めるか

10KHZ 10KHZ2 10KHZ3

10KHZ4 10KHZ5

ヤハリと云うか周波数特性とか位相特性とか再生装置の音出し確認
にはCDが良いね! 何といっても出てくる音が何度再生しても同じな
のである、何を当たり前のことをと思っている其処の貴方・・・!!

アナログ音盤は再生の度に再生音が変化する様に聴こえるのですよ
更に出力トランス付きのアンプとの組み合わせだと再生音が安定する
のに時間がかかるので鳴らす度に違う様に聴こえてしまうので周波数

特性等の微妙な再生音の確認にはえらく時間がかかってしまう経験を
昔真空管マルチアンプで鳴らしていた頃には可也経験した覚えがある
特に自分の耳の性能が原因か装置の不具合なのかの確認が大変!

10KHZ6 10KHZ7

此のレコードは上記のCDと共に雑誌「無線と実験」の出版社が発売
していたモノで内容が可也凝っているのであります、買って初めて聴
いた時は己の再生装置の余りの不甲斐無さに呆れてしまい暫く聴く
のを止めてしまった位の内容が詰め込まれている・・・怖いです・・・
・・・でも・・・今は・・・平気だ!!!・・・???
スポンサーサイト

・ ベートーベンの交響曲は好きですね


何時のまにかベートーベン交響曲全集がコンナに貯まってしまった!
日本人はベートーベン作品が好きだと思う・・多分?・・・可也?・・
何と云っても交響曲作品の人気は高い・・多分?・・検証してないが

B1 B2 B3

最近はフルトヴェングラー盤かシューリヒト盤を聞く事が多くなった!
カラヤン盤は滅多に出番は無い、ま~仕方ないんでないかい・・・
カラヤン盤を聴くのならトスカニーニ盤の方が良いかな~なんて思い

トスカニーニ盤を聴き始めると・・・結局カラヤン盤の出番は無くなる
貴方は録音の古いローファイな音が好きなんですね等とは思はない
でくださいね、決して昔の音盤を礼賛している訳ではない心算です

B4 B5 B6

CDはアバド盤とシャイー盤とコンヴィチュニー盤は自分で購入した
モノですが他のクーヴェリック盤やガーデェナー盤やトスカニーニ盤
そしてヴァント盤は札幌交響楽団の初代事務局長だった方の所持品

を整理した時に頂いたモノであります、ベートーヴェンの交響曲作品
は音楽愛好家ならば全集ではなくとも多くの音盤を所有してると思う
昨今はPCに貯めるだけ貯めて探し出すのに時間が掛かり過ぎると

云った愛好家もいたりするらしい・・流石にベートーベン作品だと思う
威勢良い時・凹んだ時・悲しい時・苦しい時・浮かれてる時・楽しい時
自身の心情が如何なる時もベートーベンの音楽は聴く者に寄り添い
支持してくれる存在と私には聴こえるので手放せないのであります!
プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード