FC2ブログ

具象から抽象

すこし前にテレビ番組で秋野不矩と云う画家の作品を見ていて
画風の変遷が、とてもジョン・コルトレーンの音楽に似ている気がした
これは勝手に連想したまで・・・

一般に音楽は抽象芸術と言われているけど具象と抽象をどう感じるか、仮に
ですが様式に最も近い物を具象、最も様式の影響から遠い物を抽象と見ると
抽象芸術である音楽でも具象と抽象を考える事が可能と思います

いろいろな形式の音楽が有りますが此の話ではJAZZを考えたい・・・
まあJAZZの中でもJ・コルトレーンです、秋野不矩さんが画いた作品で
国内に居るときの作品が、丁度J・コルトレーンのレコードレーベルで言う

とプレステッジからアトランティックの時代かな、画家がインドに行き始め
た頃の作品が、J・コルトレーンだと初期のインパルス時代でドルフイーと
一緒にヨーロッパ公演していた頃の作品、画家の有名な「渡河」と云う作品

はJ・コルトレーンの「トランジジョン」あたりのアルバムを想起させる
そして画家の晩年の作品で「オリッサの寺院」・・・
J・コルトレーンは「エクスプレッション」&「惑星空間」と云う2枚の
アルバムが思い浮かぶ ( 2枚で一つの作品として )

因みにエクスプレッションと云うアルバムは私には、E・ドルフイーの
フルートを使ったりして、E・ドルフイーを懐かしんでいる様にも聴こえる
オレもやっと君みたいに様式に囚われず、自由に表現する事が出来る様に
成ったよ・・・なんてね

こんな事を思いながら音楽を聴くのも面白い、処で絵画をテレビで見る
つまり再生芸術ですけど、まあ単純な構図と配色を見れる程度か
( 此れにアナログとデジタルの話を加えると大変 )

筆のタッチがどうの、色の変化がどうの、光の当たり方での変化は?
何てのは解りにくい、つまり簡易な携帯プレーヤーで音楽を聴く様なものか
現実には美術館でも絵を直近では見れないし、細部まで見たいと成れば所有

するしか無いと思うので無理、やっぱり印刷か映像かだね・・と云う事とは
オーディオも場所取るし、近所迷惑だし、家族が煩がるし、金掛かるし
携帯プレーヤーで良いよ!!・・・何て事と同じ次元なのかな~?

Wa

Ea

コルトレーン・3
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード