FC2ブログ

・ 残念な事・・・!!

此処の処オーディオシステムの変更で休日はシステム調整に明け暮れて外出
をしなかったのだけれど音に何とか再生表現に一応の落ち着きが出て来たの
で久し振りに北海道立旭川美術館に近代日本絵画展を見に出かけてみたんだ

絵

入場する前に過去の苦い思い出が甦って結構不安な気持ちのまま会場に入っ
てみると全く過去の苦い思い出そのままに場内は照明を絞り薄暗い、展示さ
れた絵を照らしている照明も不揃いで大きい絵の端辺りは光が弱く色が不明

場内を暗くする展示の仕方はよく知らないけど昔は結構流行したのかな、ど
おやら私の拙い経験では公共施設で多く体験させられる、民間運営の施設で
は会場内が明るく非常に見やすい・・・六本木に在る国立新美術館や上野の

美術館でもやはり暗かった、まるで色の連続した変化は見なくてもいいです
と言われている様だ、全く腹が立つのを通り過ぎて此の様な展示しかしない
美術館の学芸員が通用してるのが日本なんだな~・・・音楽にも似た処あるな

会場が暗くて絵の色彩変化が解らないと海外美術館経験が多い友人に聞くと
ヨーロッパの美術館で暗い処なんて無いよと云はれて・・・そうでしょう!!
当然でしょう色を見に行ってるのだから・・・暗くするのが演出なら最悪だな

おまけに今回は絵の前にアクリル板が付けて有り絵を見る自分の顔や姿の影
がアクリル板に映る、特に油絵は酷いものだった・・・暗い背景の絵には自分
の顔が色つきで映る、何で絵を見に行って自分の顔を見なけりゃならんのだ

担当学芸員は少し照明の光量や角度を工夫するとか考えても言いと思うんだ
が公共施設だと絵の好きな担当者とは限らないか、単なる職場に過ぎないか
次回はシャガールらしい又場内を暗くするのかな~シャガールの色彩が・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

音楽も同じでしょ。
ライヴ盤ばかり発掘してくるけど、ポーズの違いくらいしか判らないものが多いし、異常に低音が盛り上がっているものとか、全く低域が入っていないものとか・・・
公務員なんて良い仕事する訳ないし(笑)

Re: No title

わたしゃ~思うんですが・・・

色を見ると云う事は画家が創作している環境の明るさで作品を鑑賞するのが理想的条件だと・・・
学芸員は絵を理想的に鑑賞出来る環境を整える事が一番の優先事項ではないかと・・・

音楽の演奏で作曲家の生存時代を再現した様な楽器で演奏する事とは全く別次元の話しですがね
其処の処が有形の表現と無形の表現の違いでしょうか

No title

論点が違うわい(笑)
ワシが言うているのは、ちゃんと演奏しているように録音すべきだし、ちゃんと録音されたものをそのように鳴るような音盤を提供すべきだと云う話です。

昔の画家なんて薄暗い部屋で描いていたに違いないんだし、そんな事を再現しても意味がないっしょ。
その当時の環境なんて考えても余り意味がないよね。残された作品が全てだから、その作品が本質的にどうあるべきかが、固定給もらって満足してる「職員」さんに理解できているんかどうか、と云う単純明快な事だと思うのですよ。
もっと判り易く言うと、学芸委員には理想なんてないっちゅう事よ。
¥1000CD作ってる奴と一緒さ。

Re: No title

いやいや話しは同じ道を進んでいます・・・解ってまっさ~・・・!!
音盤製作姿勢は正に其の通り、しかし・・・「 昔の画家なんて薄暗い部屋で描いていたに違いないんだ 」
のくだりには私は疑問がある、多くは窓の近くで自然光を頼りに創作していると考えるのが自然だと思う
まあ~仲には蝋燭の明かりで画いた物も有るかも知れない、それらの描画状況を考えてと云うか調査して
鑑賞の場に生かす事が出来れば画家の色彩表現をより深く感じ取れる様に思っています
プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード