FC2ブログ

・ 絵と音楽

久し振りに雑誌を買った・・・
此処の処本屋さんに出向いて行ってあれこれパラパラ雑誌の記事や見出しを
見ても特に惹きつけられる様な事が無くなった、まあ此れは自分の内面にも

問題が有るのだろうがそれにしても最近の雑誌の内容は自分的には詰らない
何だか写真を机の上に並べて隙間を文字で埋めてゆく様な感じだな
取材現場に出向くでもなく自身が体験する訳でも無い・・・

事務所の机上で他者からの情報を整理して文章にする感じが私は好きでは
ないので本当に雑誌を買わなくなった・・・(別に大層な事でも無いけど)
処で今回買った本も特集の祭が特に気に入った訳ではないがパラパラ捲って

残り数ページの処で堀文子さんと云う画家の絵に出合った・・・
何やら惹きつけられる物を感じてジッ~と見ていたらW・バックハウスが
弾いたモーツアルトのピアノソナタが浮かんできた

他の記事には余り惹かれないけど此の絵はいい此れは買うしかないな・・・
買って帰ってユックリと絵を眺めながらW・バックハウスのCDを聴いて見
る事にしよう、何だか久し振りに少し嬉しかった

堀文子さんと云う高齢の女性が1960年代に画かいた物で多分50代かな
だが見事に若さのエネルギーを感じさせる、凛とした知を感じさせる背景色
に重なった自由な感情を匂わせる青の色彩、知と情のバランスが好きだな!

堀2

本当に綺麗な音だ・・・
凛として瑞々しく真っ直ぐに音楽を進行させて行く、曲想の揺れが無く微量
のルパートを聴かせるが全く自然だ、見事に若いまるで20代の若者が弾い
てる様なエネルギーを感じ何時も驚かされる

堀1

G・マーラーは来客にアルプスの絶景は皆私の曲に書き込んだと言ったら
しいがアルプスの絶景を目の当たりにしてない私は何度聴いてもアルプス
は浮かんで来ないのだが・・・( 何せ見てないので浮かび様がない )

そう言えば少し前に人生を終えた吉田秀和さんも良く著作の中で音楽を絵に
例えていた、頻繁に引き合いに出されたのがカンデンスキーの絵だったかな
私もカンデンスキーは好きだっだので凄く面白く読んだ記憶がある・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード