FC2ブログ

・ ブルックナーの音楽を感じた!

どおも雨の日や曇りの日は調子が悪い・・・
此れは若い時からなので何を今更と云う気もするが不調なのだから仕方ない
昔は馴染みのジャズ喫茶に早々と逃げ込んで珈琲一杯でグダグダと粘った

今にして思うと珈琲もう一杯!なんて言ってりゃ~良かった様にも考えるが
まあ毎日通っていたので良しとしよう・・・
久し振りの晴々した空に浮かれて自転車で何時ものコースを走ったが休んだ

影響か可也キツイので早々と退散である、途中に見上げた空に月が出ていた
時間は午前10時位なのだ、左方向に太陽が強烈な光で存在を主張してる時
静か右上空に姿を見せていた・・・何やら秘めた力を感じさせる佇まいである

月

自転車を止めて荷台に腰掛けて眺めていたら突然頭の中で音楽が鳴り出した!
A・ブルックナーの交響曲第九番の第一楽章最終部・・・其れまでの奏でられた
混沌とした音が一つに成る様な響きの中から空に突き抜けてゆくかの如く鳴

り響くトランペットの音!!・・・此の音でなければならぬと私は言いたい・・・
此の響きならではの意味、トランペットの音なら何でも良い訳ではないはず
混沌の響きから唯一抜き出た此のトランペットの音に重要な意味を感じる

此のペットを鳴らすか鳴らさないかで第二や第三楽章の表現が変って感じる
てな事を何時も感じながら聴いていたら何だかレコードが結構溜まってきた
A・ブルックナー作曲、交響曲 第九番 ニ短調
C・シューリヒト指揮、ウイーンフィル演奏の名盤なのだがオリジでは無い

イギリス盤
BURU1

BURU2

ドイツ盤
BURU3

BURU7

日本盤
BURU5

BURU6

オーストラリア盤?
BURU8

アメリカ盤
BURU4

何だかね!!・・・同じ演奏家で同じ曲のレコードを此の様に持つに至った
のは先に書いたトランペットに聴かれる様な音で表現する意味を感じたい為
いわいるハーモニーの音色が盤によって違うから多くを味わいたくてなんだ

イギリスのオリジナル盤は1枚10万位の値段が付くので私には買えないし
もし買える金が有ったら1万の盤を10枚買う、だけど千円盤を百枚買う事
はしないと思うがどうかな・・・

此の盤の演奏は長く音楽の財産として残って行くと思う、あのフルヴェンの
第九と共に語り継がれて行く歴史的名曲の名演だよね・・・
今でも実演が一番良くて音盤は劣る物の様な話しを聞くけど残念ながらもう

こんな素晴らしい演奏は出来ないだろうし聴く機会もないと思う、今残され
た此れ等の音盤には現代では聴けない音楽表現が満ち溢れていると感じる
楽器も変ったし収録機材も変った、何もかもがデジタルの時代になったのだ

音楽の歴史に刻まれる名曲名演は残された音盤からしか聴く事が出来ないの
です、良く整備されたオーディオ装置だからこそ表現できる世界が有ると
知って欲しい
(フルヴェンが言った・・・もうロマンの時代は終わった、此れからは科学
の時代だ・・・)

何時か此れ等の音盤の比較試聴記なんぞを書こうと思っていたがオリジ盤を
未だに聴いて無いので何かが引っかかる、どうも実現は可也先に成りそうだ

最近発売された第四楽章付きなんて妖しい盤は別にして三楽章の後に続けて
テ・デウムを聴くのは可也面白い、但し相性を試さないといけないから結構
時間がかかる・・・聴き終えると成る程と納得する感慨が有りますよ・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード