FC2ブログ

・ 休暇の楽しみ

何と4日間も臨時休暇をしてしまった、東京の有楽町に在る国際フォーラム
で催されるインターナショナルオーディオショウ其の他を見る為の臨時休暇
でして、まあ出来れば店主の研修と云う恒例行事にしたい処ではあります

今回はドイツのスピーカー、アヴァンギャルドの高級スピーカーがどんな鳴
り方をするのか特に注目して会場に行ってきました、設置されているエソテ
リックのブースに直行しましたが同じ思いの愛好家が既に数十名入室しいて

人気&注目度が高い・・・¥1千万超の物だから当然だよね・・・
高級機器なだけに見事な存在感だ、内側に設置されているタンノイの高級ス
ピーカーが所々にゴールドの輝きを発しているのに妙に地味に見えてしまう

此のタンノイだって¥5百万超なのだが・・・高級感=大きな存在感=高額?
さて音の方だがタンノイが素晴らしかった、数年前に此の会場で聴いた米国
製のスピーカー数種は大きな音量でボコボコ鳴ってたけれど英国製は平気だ

独国のスピーカーは低音ホーンと中高音ホーンとの音の繋がりと云うか音楽
の鳴り方に統一感が足りない、まあ大型の装置を短時間で設置するのは至難
ではあると思う、音楽のリアルな表現の可能性は金額だけの事はあると思う

AG1
何処ぞの超愛好家が購入するのだろう・・・音量を絞って近くで聴くには?
デモってた音盤が小品物が多かった、特にホルンのソロ物はコニカルホーン
の弱点である特定の音域がビーム状に鳴る事をもっと知るべきだと感じたが

楽しく聴かせてもらった、次に入ったのがハーマンのブースだ米国JBLの
スピーカーをMレビンソンのアンプで鳴らしていた、何時も聴いている音に
近い・・良い音だ!しかし次にかけたギターのCDは頂けなかったのである

アコースティックギターを大音量でジャリンジャリンと鳴らす、まるで街頭
演説の拡声器である、何時も体験するパターンだ担当者は本当に音楽を普段
聴いているのだろうかはたまた楽器の音を知っているのだろうか、疑問だね

早々と会場を後にして御茶ノ水へ行った、ディスクユニオンのクラシック館
に行き更に足を延ばして神保町の「ラルフ&サニー」と云う名のカフェに向
う、此方の店は開店の年にも行ったのだが店が解らず周りを5周位歩いたと

入店後珈琲を飲みながら店主の女性に話した処当時開店が凄く送れてました
との事、折角来たのだから何かリクエストは有りますかと訪ねてくれたので
クラシック出来れば女性ヴァイオリンが聴きたいと何時ものワガママを云う

と快くOK、オークレー(オークレール)のバルトークVnソナタを所望し
てタンノイのオートグラフに向い聴き入ると繊細なオークレーの音に痺れた
後で聞いたら針はオルトフォンのサファイヤ針との事だった、良い体験です

オークレー
快く聴かせてくれたM・オークレー(オークレール)のレコードです、前日
私もディスクユニオンで購入しました、オートグラフレッドの表現が聴けた

RS1
ラルフ&サニーの正面、よく見たらJAZZと大きく書いて有った・・・
全くボケ老人の様な注意力だと今更ながらに呆れてしまう(えっもう遅い?)

RS2
タンノイ社、オートグラフ(モニターレッド入り)の佇まい、何時もは
20年代~30年代のスイングJAZZを鳴らしている様です

RS3
私は此れに眼が釘付けに成りました・・・
オーネット・コールマン直筆の楽譜との事です、う~~ん人柄を感じますね
吹奏楽部で先輩から写譜を命じられて書いた頃を思い出す様な丁寧さです!
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード