FC2ブログ

・ 再生音が活きて来た!!

10月の末にスピーカーが1本絶命した・・・
日曜日の夕方に御客が帰ったあと ど~れ!・・・ジャズでもバリッ!!と
聴こうかと思いカウント・ベイシーのモントルーライブ盤LPを音量を上げ

てグワ~ッと鳴らしたら時々みような音が混じって聴こえた・・・アッチャ~
アンプが逝かれたか?と思いながらスピーカーに近付いてみたら
ありゃ~・・・何とですね~~スピーカーのエッジがコーン紙と分離してる

SP515B3

SP515B4

SP515B

えらいこっちゃ~!!
やっても~た~・・・てな感じで大ショックさ! 閉店まで2時間程あったけ
ど営業を続ける気力も失せフラフラと夢遊病者の如く店仕舞いしてしまった

酒を取り出しカウンターで思案を廻らしてみたが答えは買うしかないと出る
対策として左右のバランスを取り直す事を試みた、何時も聴いている人意外
は解らない程度までは追い込んだけれども自分を騙せないのが難点である!

酒の勢いも借りて宮城県登米市のオーディオ店「ショップ・リバーサイド」
の店主に凹みメールを出した処、自店に手持ちは無いけれど知り合いに
アルテックの巨匠がいるので聞いて見てあげるとの返事がメールで届いた

元気リンリン嬉しさ100倍・・・いや~寝酒が美味かったな~・・・
紹介された「アルテックの巨匠」さんがとても親切な方で貴重な515Bを
分けて頂き更に使う要点も教てもらった・・・全く感謝感謝です・・・

11月の初めに住み慣れた宮城県から北の大地・北海道にやって来た此の
アルテック社の515Bと云う型番のスピーカーは私の店の箱828が気に
入った様で最近益々深みのある低音を歌い出し初めた・・・嬉しいですね

スピーカーが調子を出し始めると他の機器も弄りたくなるのがマニアの心情
と云うものである、暫く使い方を思案していたカートリッジを何とかしたい
ルミエール1である、此奴はどおも頑固な一面がありジャズ等は非常に具合

が良いのだけれどクラシック・・・特にオーケストラの弦楽器群が時折絶叫
する、正に絶叫と言えるffになるのが私的には不満であった、隙を見せる
と直ぐに高域を強調する・・・何度もアームの高さを調整し針圧を調整する

雑誌等の記事に有る針圧3.5gはヤハリ重過ぎる様で2.5gでもジャズ
等のダイナミックレンジが狭い音楽は難なくトレースするがクラシックは今
一の盤があるので思案していた・・・低音が安定した事で音の調整も明快に

判別出来る様になり最近此の絶叫問題も解決出来た、私の装置はルミエール
1にガラスマットを併用する事で高域の絶叫をコントロールし持ち味である
微細な表現をしなやかにする事が出来た様に聴こえる・・・まあ7割程度か?

ルミエール1

弦楽器群の群としての響き・・・今までは巨大な一本のヴァイオリンや1本
の巨大チェロと聴こえたのが今は弦五部の其々の響きとして聴く事が出来る
何とも嬉しい限りでして益々音楽の持つ魅力に浸れると云うものですよ・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

北の大地で!

先日は、色々ありがとうございました。

ひと通りの調整等も一段落と言った所でしょうか?、北の大地で、大自然の元、朗々とALTECサウンドが鳴っている様で、なによりでございます。

本格的な、冬を向かえお体にお気をつけくださいます様に・・・。

Re: 北の大地で!

私の店に来られた御客さんで旭川の近くにある深川市でオートグラフを
真空管アンプで鳴らしているオーディオ愛好家の方が自分のマックトン
のプリアンプを宮城県在住の真空管アンプ博士に改造して貰って非常に

満足していると云う話を少し前に聞いた事を思い出しました
宮城県は真空管アンプの巨匠が多くいる様ですね・・・
私も真空管アンプは大好きですが現用機器にも愛着があって悩ましいです!
プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード