FC2ブログ

・ カートリッジの針圧

毎日酒を楽しんではいけない! なるべく控える様になどとあちらでも此方
でも囁かれるものだからすっかり隠れ密教の様なヒッソリとした飲酒行動が
身に付いてしまった・・・だから飲酒後は静かに眠りに付くのが日常である

数日まえの深夜に目が覚めてどうも眠れないのでヤフオクで仕入れた高級酒
スコッチ・ディンプル15年をチビチビやりながらネットでオーディオ関連
ブログをみていたら素晴らしいブログに出会い酒を呑みながら記事を読んだ

「The Full Range Performance」と云うブログ記事でオルトフォンの
SPUカートリッジについての考察が 目から鱗 であった、昔から疑問に
思っていた針圧だが不精な私は取り合えず鳴っていればまあ良いかなで済ま

してきたのであるが件のブログを拝見して正に永年の疑問に光が届いたのだ
早速ローデーションの狭間にある70年代のSPU-AEを鳴らそうか考え
たが深夜だし更には最も危険な飲酒行為の真っ只中だと云う事で自制をした

まあ直ぐは眠れないので最も古い67年ステレオ・サウンド誌を開いてみる
とSPU-GTの針圧が1g~2gと記述してあった、更にHI-FIステレオ
77~78年なる本では2g~3gになり近年の記述では3g~4gなので

益々気になり眠れなくなった・・・多分其の後ワインを呑んで寝た様である
朝目が覚めてからは忙しい、朝食もそこそこにオーディオ装置の電源投入と
カートリッジの準備であるが始めは製品番号が#29972と#32881

の2個で試した処針圧2gで難なくトレースした・・・やはり雑誌の記述は
正しかった(結構昔は誤記があったからね、特に外国製品には多かったかな)

SPU1
私の手元に現存する最古のオーディオ雑誌です、改めてパラパラ記事を読ん
でみると現在と余り変わらない話しが多いのでオーディオ進化論は???だ

SPU2
此の本一冊有れば大抵の中古オーディオ機器データは解ると云う真に便利な
本ですね、技術的データも詳しくなり中古マニアには必須の一冊ですよね

SPU3
今ではもう古くなって余り見てもな~と思ってたがヤハリ持ってて良かった

SPU4
今此のカートリッジを針圧2.1gで使ってる変える前は3.5gで使ってた
全く思い込みと云う奴は厄介ですな検証する事もなく勝手に正当化してた
針圧を軽くしたら空間感が良く響く様になり抑圧ぎみの音が解放された様だ

針圧を近年になる程に重くするのはオーディオマニアが高齢化して手が震え
る等を案じ安心して使える様に考えたオルトフォン社の高齢化対策の一つ?
年取ると耳の方も高い音が聴こえにくくなるので重針圧でもOKなのか???
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード