FC2ブログ

・ JBLスピーカー・エッジの軟化

JBLスピーカー・ランサー77が手元に来ました、オーディオ好きな先輩
の処から私の家にやって来たのです、少し前に其の先輩の処で聴いた時に感
じた通りスピーカーの白エッジが硬化してしまい低音が出にくくなっていた

早速スピーカーユニットを外して中をチェックしたところ色々と面白い事が
解った、昔のJBLが使っていたパイプ状のパッキンが斜めにズレたままス
ピーカーを取り付けていた事に少しビックリ・・・多分後でユニット交換かな

昔のJBLが出荷時からパッキンがズレてユニットを取り付けるとは考えら
れないからね( 後年少しイイ加減な時代も有った様に記憶してるが? )
低音が出ない要因はBOX内部の機密不足の為ドロンコーンが万全に働かな

いのとエッジが硬化している為にコーン紙が自由に動きずらい事が大きな要
因だと考えます・・・と云う事で此の二つの問題を何とか解決したいと思い
パッキンの方は昔買ったD-130のが有ったので切り詰めて使う事にした

後はエッジの軟化であるが此れは素人では無理なので少し前に見たヤフオク
の出品物を物色してたら有りました・・・JBL等エッジ軟化材の出品物です
早速入札し落札です( 即落だった )

丁寧な説明書通りに作業を進めて様子を見ながら音楽を聴いてますが既に数
週間経った現在ではエッジの変化は落着き可也コーン紙が自由に動作してる
みたいで時折片方のコーン紙を軽く押すともう片方が動くので軟化成功です

ランサー1
70年代初めの頃ショップで聴いたランサー77の深く沈む低音が忘れられ
ない、繋がれたアンプはトリオのKA-6000だった様に思う・・・
当時自分の使っていたJBLのD-130より遥かに良い印象だった

ランサー2
私のランサー77は徐々に昔の音を回復しつつあるがMAXで70%程度かな

ランサー4
此のドロンコーン( パッシブラジエター )は私の記憶にある姿ではない
記憶ではコーン紙の背面に錘を抱かせて fo を設定出来る筈と良く見ると
なんと鉛の板が貼り付けてあった、此れが最善だから此れで聴きなさいてか

JBL3
私の記憶にあるドロンコーンは此の画像で見る錘を付け替えて fo を設定
するもの、過去に何人かのオリンパスを聴かせて頂き何時ももう少し低音が
欲しい感じなのでドロンコーンの錘を聞くと皆そんな話は知らないと言った

どおも此のドロンコーンの錘を使い fo( 最低共振周波数 ) を変化させ
低音の量感を得ると言う使い方は余り認知されて無いのが少し残念だ・・・
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード