FC2ブログ

・ 瞬間の反応

サッカーのワールド・カップを見てると参加した其々の国にある音楽的な
リズムやハーモニーを感じて感心したり驚いたりと物凄く楽しめるのです
多くのチームの中でも凄く特徴的と感じた数カ国の一つがドイツで正に

ドイツ音楽の持つベートーベン的変奏と分厚いハーモニーを感じさせた
最後尾のボールが前線に辿り着くさまは正に小さなモチーフから変奏を
繰り返し壮大なドラマへと変貌する、最後のゴール前での幾度も繰り返

えされる攻撃は正にブルックナーのシンフォニーの様に見ていて迫って
来た・・・此れは私の病気でしょうか?・・・

もう一つ凄いと云うか唸ったのがアルゼンチンのプレースタイル、実に見
事な狩りである、狼の集団が獲物を追い詰め仕留める様そのものと思う
エリア外で付け入る隙を見つけるまで繰り返されるボール廻しと揺さぶり

いや~怖いです・・・隙を見た瞬間に牙を剥き襲い掛かる精悍な狩人たち
我国のチームは日本昔話をしている様なリズムとテンポなので狩りには
向かないだろう、多くを期待するのは時期尚早な感じ・・・狩人を雇え・・・

今の選手が指導者に成った頃にはもう少し技術向上が期待出来るかな
瞬間に判断し変化し加速するリズムとテンポ・・・正にジャズの様だ・・・
クラシック音楽の様に空間に広がる音を記憶し積み重ね膨らませて行く

音楽よりも、空間に出た音を瞬時に捉え其の音に反応して聴き続ける音
楽がジャズだと思う・・・鳴った音にどれだけ我身が瞬時に反応出来るか
E・ドルフィーも音楽は出たら直ぐ消えるから瞬時に捕まえろと語ってる

数少ないジャズ音盤の中からリズムの魅力を堪能出来る音盤と考えた
ら直ぐに此の2枚が頭に浮かんだので早速聴いてみる事にしたのです
ジョン・ハンディ、モンタレージャズフェスティバルのライブ音源アルバム

瞬間1

A面のスパニッシュ・レディを聴いて何時もながら感心しきりなのですね
エキゾチックでエキサイテングな演奏、冷静と熱狂が交ざり合い共鳴し
合い真に素晴らしい・・・テリー・クラークのドラムが実に正確に時を刻む

アーチー・シェップのアルバム、何時如何なる音盤を聴いても此の人は
変わらないな・・・多分内面はシンプルなんだろうと思ったりするのだが
演奏表現は刺激的・・・A面のブラック・ジプシーを何時も聴く・・・他は?

音楽に己の主張を(それも音楽的なモノではない)入れすぎる様な気も
するが如何なものかな、私は余り此の演奏家の音盤は聴かないのだが
此の曲は単純でまあ語りは煩いけど繰り返されるモチーフが魅力的だ

瞬間2
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード