FC2ブログ

・ ホルンの響き

何かと何時も御世話に成っているパンの名店 「王様のパン」 のオーナーで
ある女王様が月曜日にチョットしたコンサートを開催してくれた、ホルンのソロ
演奏であります・・・しかも若き女性の演奏家と云う訳であります・・・

観客は私を含めて10名だが9人は女性でありまして大変に喜ばしい時間で
ありました、正に女性による女性の為のコンサート・・・少し大袈裟か・・・

ホルン1

素直に真っ直ぐな広がりを聴かせるホルンの音、妙な濁りもなくパ~ンと明る
過ぎない感じで音が鳴り出した・・・演奏家の音には性格が出ると思います
う~む聴いた事のない音だ・・・そして明るくホルンの音が屈託なく鳴り響く!

ホルン2

楽器メーカーが気に成ったので演奏後に丁寧にオヤジ風に成らない様に気を
つけながら本人に聞いてみらイギリスのパックスマンと云う返事が返ってきた
え~っパックマン?・・・いいえパックスマンです・・・???知らないとこうなる

本人曰く此の英国製の楽器を持ってドイツ留学をしたので色々と苦労したとの
話しだった、正にドイツはホルンの老舗で有名なアレキサンダー社があります
ドイツロマン派の音楽には多少なりともドイツの楽器の音色を想定して曲が作

られている筈・・・其処に明るく響く英国製のホルンを持っていくのだから其れ
はまあ凄い事です、音楽愛好家がどれだけ認識しているかは解らないけども
作曲家は音楽に必要な音色を想定して曲を作る筈なので御国柄が出てくる

数年前に当店内でフルート演奏家に一曲聴かせて貰ったのだ、ドビッシーの
曲であった・・・演奏家はドイツ留学で鍛えたらしく正にオーレル・ニコレの様な
音が響いてきた、此の音ならバッハの曲なら最高なのにと思ってしまった

ホルン3

フレンチホルンの明るい響き、ウインナホルンの深みのある音色、東欧の少し
鼻に掛かった様な音、アメリカの輝く響き、そしてドイツ・アレキサンダー社の
カッチリと音の芯を感じさせる音色は昔のシーメンス社のスピーカーに似てい
る様に感じるのでドイツでは此の様な音を評価しているのかも知れない・・・

ホルン5
ホルン4

演奏家は来月中ごろに旭川大雪クリスタルホールで演奏会を開くと云う事だ
英国パックスマン製の明るく広がるホルンの響きを堪能してはいかがですか

ホルン6

コンサートの後に1人で聴いてみたのがリヒャルト・シュトラウス作曲のホルン
協奏曲、ホルン演奏はアラン・シヴィル、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
指揮者がルドルフ・ケンペ・・・
貴方のオーディオ装置でホルンの音色から楽器の素性が解りますか~・・・?
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード