FC2ブログ

弦楽器 の再生音

20代前半の頃に JBL の 375 ドライバー用 にしようと自作した
ホーンが有ります、此れは当時ドライバーは買ったけれどセットするホーン
を買えない為、取り合えずつなぎに自作ホーンを思い立った訳です

若い頃はすぐに 思い立つ 訳でして、なんたって つなぎ ですから気楽
なものです・・・材料は紙とバルサ材と木工ボンド
毎日の様に夜寝る前に シコシコ と製作すること、
え~と 何日かかったんだ~・・・忘れました!!

その後何度かの引越しやらなんやらでも無くならず、壊れもせず現在まで手
元に有りました、まあ~何かの縁ですね
そんなこんな考えて何とか実用に出来ないか大変な思いで検討を重ねまして
一昨日より手元に有ったカーステレオ用スピーカーの接続工作に奮闘
( 此のスピーカーは磁石が強力で狙いは付けてたんだよね )
それで昨日夜に 音出し したらですね、何かいいんですよ、今日、本格的に
音だし & セッティング

古いSP復刻の音源、特に ヴァイオリン が凄く良いです、ビックリ!!
数時間 ヴァイオリン ばかり聴き続けいろんな事が解り納得、冗談半分でし
たので結構考えさせられました
弦楽器をCDで再生すると妙にツルッとした音で、弦の振動が伝わる感じが
弱く実在感が少なかったけれど簡易な軽量自作ホーンは全身振動しまくりで
正に音の発振源・・・蓄音機的な音を聞かせます

楽器は、特にクラシック音楽に使う物は大半が物を振動させ、共鳴により音
を大きくしている、弦楽器は弦の振動を胴に伝え金管は唇の振動を管に伝え
木管はリードを振動させ管に共鳴させますが、フルート だけは空気の振動
で物体ではないのでどうかなと思い、試しに フルート 物を再生したら共振
しまくりで此れは駄目!!
弦楽器 再生で古今の名作スピーカーはやはり振動&共鳴を上手に利用して
いる様ですね

因みに自作ホーンは、カットオフ 700fz 接続口径は50mm 形は
マルチセルラホーン、本来は JBL 角丸アダプター使用の考えでしたが
使用してません
まあ冗談半分でしたのでね、写真を付けました中央の黒い奴が本体です。

自作ホーン
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード