・ ゴッホ展に行って来た

先週の定休日に札幌市道立近代美術館へゴッホ展を見に行ってきた
のだがチケット売り場は長蛇の列で多くの人を引き付ける絵画展だと
気づかされた、何時でも入れる位に思っていたのでありました・・・

長い行列に並びやっとチケットを購入し入館となった、あちらこちらと
見回しながら何時もの通り残念に思ったのが展示場の暗さなのです
        ・・・何でこんなに暗くするんだよ!・・・

何時もの事なのだが ( 東京の美術館でも同じ思いを経験した )・・・
絵の色彩が解らないではないか! 色の変化特に連続する変化を
全く見る事が出来なかったと云っていいと思います・・・暗すぎる・・・

更に残念だったのはトイレが少なくしかも遠い事だ、途中でトイレに
行きたくなり関係者に展示場内にトイレは有るか?尋ねたら会場を
出て2階になるとの返事・・・まあ仕方ないかと向かったら階段は使

えず数人用のエレベーターを使い移動する、こんなにノンビリ移動
してたらウンが出てしまう・・・全く人に優しくない施設だ!と思いなが
ら目的のWCに到着したのだが先客がいて個室に入れない う~む

なんだよ~! 大便用個室は1カ所だけなのか! 信じられない!
此の大人数の来館者用でたった1カ所しかないのでありますよ!!
此の施設の管理者は何を道民に提供する心算なのか、此の余りにも

見識の無い施設運営に何も感じない管理者は芸術をどう感じるのか
更に驚きが・・・トイレ掃除のスタッフが発見した隣の掃除用具のバケツ
内に見事な茶色のウンが鎮座してた、あ~・・今日2回目だ~! だと

見事にバケツの中心にあった 出した本人もせつなかったのだろうね
しかし未だ私は用事を済ましてない・・・まだ・・・我慢だ・・・う~む・・・
苦悶世界を乗り越えて展示場に戻ったのだが・・・もうゴッホはいいわ

ゴッホ1

色々とドラマを経験して帰宅したがどうにも怒りが納まらないのですよ
仕方ないので最近マイ・ブームになっているフリードリッヒ・グルダの弾
くベートーベンのピアノソナタを酒を呑みながらきいていたら少しづつ怒

りが小さくなっていった・・・有難い!・・・流石はグルダとベートーベンだ
グルダの演奏では若い番号の方がどちらかと云うと私は好きな様です
雑な処とか力業とか見得とかの無い自然に湧き出る感情を音にのせて
表現する演奏は聴く側の私にも自然体でいる様にと語りかけている


ゴッホ2
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

美術展示は混雑

北海道で、展示会があったんですね

なかなか、本物を見る機会はないので、展示会があれば集中するんだと思います

暗いのは、借りた絵が痛まないように、トイレが少ないのはもともと大人数を想定してない会場なんでしょう

好きな時に好きな音量で聞ける場所とは違うんでしょうね~

ゴッホは、研修の合間にオランダに行って美術館に行ったが、入り口で並びはあった。中は明るく混雑はしていなかった。
アメリカ一人旅やっていた時に、各地の美術館に寄ったが、どこも中学校の美術で学んだ絵の本物があった。実物は大きかった。ガードがあったのは、唯一ダビンチの絵だけだった。

やはり、本物を見るということはいいことだ
ライブに行けるのはいいことです

いけないときは、いい再生を聞いてみたいな~

Re: 美術展示は混雑

・・・何時も有難う御座います・・・

私は思うんですけど 絵画は色を見る 音楽は音を聴く と云う事だと思います( 他に色々な楽しみ方は有るだろうけど )
色は画家の工夫で多彩な色彩を生み出し、無限と云える色彩の組み合わせや連続する色の変化を表現の手段としているはずですね

音は演奏家や作曲家の努力で単音から多様な楽器の組み合わせによる音色の変化が生まれたと思います、更には楽器個体の音の違いが無限の和音( ハーモニーなど )で音色の変化をより複雑で魅力的な響きを作り出し音の表現の広がりを生み出しています

20世紀は絵の具の色に影響のある紫外線などを避ける事が出来ず絵画を見ると云う行為には限定された条件があったと思います
が今は 21世紀だ! 紫外線を出さない照明器具から紫外線を通過させないガラス等のマテリアルは豊富に市場に溢れています

絵画を最高の状態で鑑賞する条件は只一つです、画家が絵を描いた時の光を再現すれば良いのです・・・つまり太陽光と同等の
明るさがベストだと思う( 可能な範囲で近づければ良い筈 )決して薄暗がりの中でスポットライト光を充て見るモノではない

画家が描いた時の明るさが絵画の色の連続した変化や無限と思われる色彩の組み合わせを鑑賞する事こそ絵を堪能できたと云う事
音もリズムで足を鳴らしメロディーで体を揺する・・・此の様に音楽を楽しむのは素晴らしいが、より深く音楽に入り込むには

音色の変化や音色の組み合わせによって再現された音の響きを体感出来るかで音楽を聴く充実度が変わってくると思います、だからラジカセ等で聴くにはリズムやメロディーはまあ聴けると思いますが音楽の肝であるハーモニーを聴き堪能するのは大変だろう

特に演奏者が音楽を表現する為に多用する音色の変化といった音の違いはヤハリ基本に優れた再生装置が欠かせない、16cm~
20cm位の優れたフルレンジSPが最低条件として出てくる、より音色表現に優れたSPであれば尚の事良いと思います

トイレ問題は論外で施設責任者が何の為に施設が存在するのかを考えたならば答えは直ぐに出る筈、単に仕事をしてないだけです





プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード