FC2ブログ

・ ヘッドシェルの水平って?

レコード・プレーヤーの取り扱い説明には本体を設置する時には本体
を水平に設置すると書かれていると思うが是はターンテーブルが水平
になる様に調整してね~・・・と云う事であります

そして次にはアームが水平になる様に高さを調整する事と記載されて
いると思う・・此れは水平のターンテーブルに対してアーム本体を水平
にしろと云う意味でターンテーブルとアームは常に互いに水平にする

とプレーヤーの動作は理想的になりますよと云う事でありますね・・・
ところが何故アームを水平 ( 水平にしないタイプもある )にするかと
云うとまあ色々とありますがアームのヘッドシェルに取り付けたカート

リッジ本体がターンテーブルに載せたレコードに対して水平になってい
るかが本来の趣旨であります、当然シェルとカートリッジは一体と考え
ての事・・つまりアームが水平なら取り付けたシェルも水平になり当然

シェルと一体のカートリッジも水平になると云う事になっていくのです
ターンテーブルが水平であれば載せたレコードも水平になり、アームが
水平なら取り付けたシェルも水平になりカートリッジも水平になる・・

しかし・・世の中はそう簡単には事が運ばせてはくれないのであります
アームに取り付けたヘッドシェルがアームと合体した時に反り返ったり
俯いたりするやつがあるのですね・・以前から解っていたが面倒でね

オーディマニアはイジル処が無くなると退屈極まりない人種なので私も
ヘッドシェルが付いた状態で水平を確認したら・・あらまあ~何んと云
う事でしょう・・・結構反り返っているではありませんか!! 

VTA1 VTA2 VTA3 

VTA4

てな訳でEMTのTSD-15とSMEのシェルを上記画像の様な水平器を
使って調整したら可也アームを持ち上げる結果になってしまった、
多くのマニアは音を聴きながらアームの高さを調整するのだろうが私

は細かい処は解らないので水平器を使い目視で水平の状態を設定
( あくまで目視でありますから正確ではないが ) しかし此れは大変に
効果があった!! 音像の奥行きと前後の配置が従来より明確に

なった、私の持っているEMTのTSD-15とXSD-15それからSMEの2個
のヘッドシェルは共に可也反り返っていたのでアームを持ち上げ調整
久しぶりに来た元管楽器演奏家はG・グールドのピアノがすぐ目の前
で演奏していると興奮しそして大変嬉しそうに聴いたのであります!

・・・良かった 良かった パチパチ!!・・・

( マネしてトラブッても私には無関係です、其処の処よろしく )
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード