FC2ブログ

オーディオ古今の定説

冬になり雪が降って一日中氷点下の気温が続く様になると、
空気の乾燥が進み非常に音にスピード感が出る
JBL や アルテック の米西海岸の空気もかくやと思う( 彼の地は温かい? )

オーディオ再生も空気の乾燥が進むと全体バランスが変る、先日当店
オーディオ装置の再生帯域を確認するのに「無線と実験」誌の誠文堂新光社
が販売してるCDを利用して聴感確認してみました

確認基準が古今よりオーディオ界で言われている 40万 の法則が目標
40万の法則とは再生された音の 最低音x最高音 で例えば
20Hzx20000Hz=400000

周波数基準信号でいろいろ試し最低音を若干ブースト!
最終調整で再生してみると何と我が装置は以下の結果です
30Hzx13000Hz=390000 でほぼ 400000 に近し

只、此れは聴感なので凡その目安程度

1・再生装置はもっと広く再生しているが聴く耳が聴き取れない
2・耳はもっと広く聴き取れるが再生出来てない
3・再生が出来ないし耳の聞き取りも出来ない

多分私の場合は 3 の再生出来ないし聞き取り出来ない、だと思うけれど
まあ400000にかなり近いので安心、再生確認の定番CDを聴いてみた

・フレデリック・フェネル指揮 
 ダラス・ウインド・シンフォニー演奏 
 エドヴァルド・グリーグ作曲 リカルド・ノルドローグの為の葬送行進曲

 吹奏楽演奏のレコーディングでは最高クラスの音響だ!!
 囁く様なクラネットやフリュートら木管楽器のハーモニーppから ff
までいっきに広がる金管楽器の彷徨と大砲の様なバスドラムの音塊

 何度聴いても新たな魅力を感じさせる音の厚み、店がゆれて屋根の雪を落
 とすのにも活躍してます、他にも良い曲が入ってます
 何時聞いてもリファレンスレコードのCDは音に凄みがある
 数少ない名演&名曲&名録音で ・・・ 三ツ星!!!

BE

・ゲリー・カー コントラバス演奏 日本の歌
 トラック14 月の砂漠 

 柔らかな雪を思わせる・・ppで始まるコントラバス、高い音から次第に
 低音に移る音の質感、背後に流れるパイプオルガンの重低音
 ホールの残響、重なる音のハーモニー・・・堪りません!!
 オーディオ&音楽ファンで好かったと思う事・・・確実

 此のCDに記録されている曲は、皆聴き易く馴染み易い、
 数あるゲリー・カーのCD&レコードの中でも出色の録音と思う
 馴染みの曲と外国人とは思え無い詠い回し、そして名録音 ・・・う~ん 
 やはり 三ツ星!!!

ベース1
 
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード