FC2ブログ

モーリス・ラヴェル作 「 ボレロ 」 を聴く!

中古レコード探しは、旭川では古書店「緑風」に行く事が多い、
中古LP・CDはクラシックを中心に置いている
此方の店主はクラシック音楽に詳しく、特にJ・バッハのマタイには一過言

有り、昨年末にレコード漁りの最中にM・ラヴェルの話に成り、私が店主は
ドビュッシーとかラヴェル好きでしょう?
と訪ねた処、好きですよとの返事

貴方は?、と訪ねられた時、余り夢中にはなれないですね何て返事して
ラヴェルだとピアノ曲その他いろいろ有るけれど、やはり面白いのはボレロ
かな、と云うとあら~、何てつまらない曲を
と言ったのでCDを買って帰宅後、いろいろ考えてみました
多くの人がボレロを、どのように聴いているのか気に成りちょっと一例を

私が思うにボレロは一般に言われる、メロディー主体の音楽とか、ソリスト
の腕自慢音楽ではなく、況やリズム主体の音楽でもなく、オーケストラ全体
が出す 音のハーモニー で成る音楽と思います
スネアドラムの響き線が重要、弦楽器の刻み音が重要、ソロ楽器の主題は音
の質が音程で変らなければグー

ドラムの響き線を使うと倍音成分が多くなり響きに多様性が出る、使わない
と只の刻み音
此の為ラジカセや簡易なシスコンでは楽器の重奏ハーモニーの色彩的な響き
の違いが解かり難いかも?

どうでしょうか、ソロ楽器が
・・フルート・・クラリネット・・ファゴット・・クラリネット・・等
順に出ますが、ドラムと弦とに重なる音の 魅力 がスピーカーから出た音で
解りましたか?

五味康祐氏は著書の中で メロディー が主体である最後の曲と言ってました
が当時のオーディオ装置、英国タンノイ社のスピーカーと米国
マッキントッシュ社の真空管アンプ、そしてデッドな部屋では木管楽器、
特にリード楽器の響きの違いは出にくかったのではないかと思う
弦が素晴らしい為、弦楽器の響きに注目しがちになるのでは

ボレロ は舞曲とかではなく、ドビッシーの交響詩 海 の様な意識の表題音楽
( 海 なのかな~? )として聴いてみると結構面白い
モーリス・ラヴェル作 ボレロ = 河

配役 ・ スネアドラム(響き線付) は 水
    ・ 弦の刻み音        は 水の流れ
    ・ ソロ楽器          は 流れる景色
    ・ 音楽を聴く人        は 鮭の稚魚

さあ、海を目指して旅に出ますか!
スネアドラムが、音を刻みだします・・タン タタタタン タン タタタ・・

フルートがソロで始まり
水は未だ冷たいけれど、小春日和の柔らかい日差しが届く渓谷の清流で泳ぎ
廻り海を目指し出発~!

クラリネットのソロが始まる頃
少し河の渓相が大きくなり、何だか仲間の稚魚も集まって来て元気付き
・・・更に降って行く

ファゴット( バッソン )のソロです
ちよっとミステリアスな響きです、何とも経験の無い景色が広がり
少し緊張気味

再度クラリネットのソロ
聴きなれた響きで少し安心・・・更に降る

今度はオーボエの音
今までとはちょっと違うけれど馴染みのあるハーモニーでリラックスしなが
ら泳ぎ遊ぶ

トランペットが強くはないが輝く響きで初夏の流れを見せてくれる
此の当りから複数の楽器による複雑な重奏ハーモニーが響き、河の水を取り
巻く多様な景色が出てきます、稚魚は益々集合して群れを作り大胆に泳ぎ
廻り楽しそう

血管が斬れそうなホルンの高音とピッコロ、呼吸困難に成りながら吹く
トロンボーンとドラム&弦の響き
多数の木管によるハーモニーで、流れは一層豊かに充実して厚みを増す

ヴァイオリンが主題を引き始める
河は開かれた大きな平野を流れ、稚魚達は更に合流し群れを作り元気に調子
付いて来る、主題を奏でる弦楽器の数が増えて、徐々にしかも強く一心に
重なり泳ぎ回って海を目指す

全ての楽器が主題を演奏して河いっぱいに広がる群れ、
天下無敵気分の稚魚達は一斉に興奮状態
ティンパニーが加勢して来ていよいよ河港だ、強く成る潮の香り・・・
乱舞する稚魚達の熱狂・・もう爆発寸前

海だ~!!  ダダダダダ ダン!!!・・・強烈な終焉
( 此の終わり方は何か有る!・・うむ~ )

さて、貴方は海に出れましたか?
途中でサックスのソロ当りで居眠りして虹鱒に食べられましたね
トロンボーンのソロ当りで山女魚に恋して河に残る~ってか

えっ~、真面目に泳いで来たけれど海にでれなかったって~
( 解説案内が下手糞なせい?)
オーディオ・カフェで店主に言ってください・・・解かり易く聞かせろ~!

鮭と云えばカナダ、C・ディトワ指揮モントリオールSoと思ったけれど、
ドラムの響き線が作る倍音ハーモニーが良く聞こえた、A・クリュイタンス
指揮パリ音楽院管弦楽団で セーヌ河 を降る事に決定!!
・・・此れでアトランティックサーモンに成れる?・・・

沢山のボレロが有ります、ボレロはハーモニー主体に聴くと、
いろんな演奏も皆楽しめる
ハーモニーの多彩さ、バッソンやフレンチホルンその他木管が特に素晴らし
いハーモニーで聴ける、A・クリュイタンス指揮 パリ音楽院 の盤です
( 東芝音楽工業時代の方が良く聞こえた )

ボレロ
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード