FC2ブログ

真空管アンプをキットで作る

今から35年位?前にラックス社から発売されていた真空管アンプのキット
型式は KMQ80 宣伝の完成品 MQ80と同等品との謳い文句に魅かれ
当時2台購入、更には当時始めて発売されたと思う無酸素銅線を2台の組立
用に通販で購入・・・アンプを組立るのに当然2台を同等のグレードに仕上
げる為、パーツ取付けから配線作業まで2台平行して相互に作業してた・・・

いや~・・・大変でしたね、完成までの間2台のパーツ全てを開陳、更に他者
には・・・注意!さわるな!!・・・てな具合でしたね、若い時は仕方無い?

ラックス社の真空管アンプ KMQ80

キット2

キット1

此のKMQ80、2台を其々中音高音に使い、低音にはMB88(モノラル)
2台・・・JBLスピーカーを真空管でマルチ駆動し主にジャズを聴いていた
しかし、興が乗ってパワー全開にすると30分位でKMQ80の保護回路が
働いて音が出なくなる、どうも電流バランスが維持出来ない、過熱も原因の
一因と睨んでいたが・・・夏場は良く起きた・・・エアコンなんて無いですよ

今なら何のまよいも無く扇風機を据付けるけれど、当時は訳の解らない拘り
が有った様で兎に角、長時間は聴き続ける事を我慢していた・・・此れはその
他に消費電力がシステム全体で1KW位に成り、其れら全てが真空管からの
熱に変換されて室内に放熱だ、夏場に1KWの電気ヒーターを使う人・・・?

少しして使用真空管の 6336A(B)がラックス社からの販売が無くなり
・・・まあ扱っていた時から高価ではあったですね・・・

手持ちのレイセオン社の真空管では旨く動作しなく成った時に探した真空管
が中国製、当時生産を始めたばかりか?此れは1年で動作不能に成っている
結局は米国製かと手持ちの中古真空管を我慢して使い続けたが、動作は安
定せづ長時間の使用が出来ない!ジャズやクラシックの小品ばかりを聴いた

何年か後にセトロン社の真空管を入手、そして状態の良い方1台だけを残し
フルレンジ用にした、現在も時々通電して音を聴くと英国リチャードアレン
の口径20cmスピーカーから、35年以上も経っているのに歪みを感じさ
せない音で、しかも元気に鳴る・・・国産アンプは長持ちするね!・・・

此の頃気が付いた事なんだけれど、どうもトランス付のアンプはマルチアン
プで使うと楽器の音色を低い音から高い音まで揃える事が難しい様に思う
トランスが持つ音色の影響力かな~・・・?
( ドルフィーのバスクラやグールドのピアノを聴くと凄く気になるよね )

キット3

セトロン社の真空管、双三極管6336B だよ~ 2本を1本の容に納め
た奴だから内部が複雑なんだ・・・未だ元気に赤々と力がみなぎってる・・・
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : お気に入り&好きな音楽
ジャンル : 音楽

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お店に出ている以外にも色々お持ちなんですね.(笑) 製作はさぞ大変だったことと思います.
35年前ですか・・コンデンサ類はそろそろ寿命かも?

Re: No title

まったくです・・・!!
実は後1台EKジャパン社のエレキット300Bシングルstアンプが有ります
コヤツは問題なく音は出るのですが真空管のフィラメントが2本ほど切れてます
実際に使っても違和感は有りませんが売れる物でもなく別室にヒッソリと置かれています
まあ~マルチアンプで聴いていた頃の名残で仕方有りませんよね
プロフィール

gafuー

Author:gafuー
FC2ブログへようこそ!

オーディオカフェ我風(Gafu~)
〒 ・・・・071-8134
住所・・・北海道旭川市末広4条9丁目
10番8号
TEL・・・090-9759-5792
( 何時でもOK )
休日・・・毎週 水曜日&木曜日
営業・・・12:00~ラストオーダー18:00
     (閉店は19:00頃?)
Eメール・kakino375-075da@cup.ocn.ne.jp

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード